ホームページ https://www.stocktrain2.com/stock-train ツイッター  https://twitter.com/superamateur3

日経平均の短期見通しはある程度わかってきましたが、細部を詰めて明日UPする予定です。
さて、新型コロナウイルスの大元である中国市場は、政府のテコ入れもあり堅調です。成長企業で構成する創業板指数は、2017年11月以来の高値です。日経平均に相当するCSI300指数は2.25%上昇。2月3日に3688まで下落も本日4077でした。

新型コロナとはほとんど無縁な欧米は堅調、東南アジア市場も今日は堅調。日本だけが一人負けです。思うにこれはコロナ以外に安倍政権の支持率低下も影響しているのではないでしょうか?
また、1~12月で企業業績の悪化は終了し、1~3月から回復に向かうというシナリオも崩れてきました。三菱UFJ証券のレポートによると、真の感染者がピークアウトするのは4月29日とのことで、約1カ月再調整となっているという。

新興市場の弱さもあり、今日は追証件数も相当発生しました。しかし、マザーズの騰落レシオはかなり低下して、錯塩9月2日以来の低水準です。昨年マザーズ指数は8月29日大底でしたが、翌々日が9月2日でした。そういう意味では明日も追証が大量に発生すれば、今度は新興市場にチャンスがあるかもしれません。


   銘 柄

スポーツフィールド7080

2つの指標を組み合わせた新しい指標からダウをみてみます。

ダウ
ほぼ同じ動きをしていますが、直近は逆です。これはダウに予熱が残っておりタイムラグが発生したためです。タイムラグはすぐに解消されると思います。タイムラグを考慮すると2通りになります。
ダウ3
タイムラグ(余熱)を考慮しました。これだと今週、売りになります。
ダウ2
タイムラグをもう少し長くとるとこうなりますが、やはり売りになります。

もっと重要な点は最初のチャートで、複合指標が一定の水準を下回ると調整になっていることです。今はその水準に達したか接近しているところです。





ドル元とダウを比較します。
ドル元
ドル元チャートの大きな変化時から30日後のダウを線で引きました。全てではありませんが、ダウの返事と合致するときが多いことが分かります。1月21日の元安から30日後はあと14日後ですのでk3週間後となります。

しかし、短期で予想すると、来週か再来週にダウは一度大きな売り転換になると思います。米1月の期待インフレ率は1.68%でした。長期金利は1.62%です。FF金利は1.5%で現時点では金利は正常ですが、1月31日に長期金利は1.51%に低下しました。FF金利が長期金利を上回ると株式は暴落する可能性が高まります。最近の金利低下がどこで止まるかに注目しています。


   銘 柄

HOYA7741

アスモ2654

↑このページのトップヘ