ホームページ https://www.stocktrain2.com/stock-train ツイッター  https://twitter.com/superamateur3

趣味のランニングに関することですので非公開です続きを読む

中国企業の生産・営業再開は全体で60%、大企業では95%に回復。欧米に先駆けました。日本でも中国関連企業が先にリバウンドに向かうと思います。
ところで、3月16日の裁定売り残は9.69億株まで増加し、2019年9月のピークに接近しています。差し引きの売り越し額は19年9月9日のピーク時を超えました。昨年の日経平均は8月低迷、9月から急反発でした。

また、リーマンショック時との比較が増えてきていますが、決定的違いはシェールオイルなどエネルギー関連を除けば信用不安になっていないことです。リーマン時は急激な信用収縮で、大手損保、銀行、住宅ローン会社が行き詰まりましたが、今回はその予兆も今のところありません。リーマンショック時の学習効果なのでしょう。

さて、日経平均について。

2020-03-22
上は先週までのCME日経平均先物です。独自のチャートでは買い転換しています。今月初めのように1日で終了したこともありますが、東京の日経平均より動きは良いです。
2020-03-23 (3)
今日、別ブログに同じチャートを載せていますが、日数を10数日変えています。変化日を予想したもので、250日先までを予想します。上の変化日予想チャートも今日の日経平均のことろが250日前に当たります。
2020-03-23 (4)
上下反転させるとこうなりました。恐らく、木曜日まで調整あるいはもみ合い、横這いなら買いになると思います。


   銘 柄

日本製鉄5401 2020年3月期は3100億円の赤字見通しも、4900億円の減損で来期は業績急回復期待。ただし、長期。

ヨンキョウ9955 引き続き注目します


<JPM>
為替はリーマン時と違い、円の上昇は突出しておらず、ドルと同等の動き。投機的な円売りポジションが元々小さい。日本国内からの対外投資需要が世界的リセッション懸念が強まれば、株価は大きく下落しても、リーマン時ほど円が強くないためドル円はそれほど下落しない。

<三菱UFJエリオット波動>
日経平均PBR、3月16日に0.82倍、TOPIX0.89倍。過去最小は2009年3月10,11日の0.81倍。当時の日経平均は約7000円。空売り比率は3月6日、52.1%で過去最大。指標面から日本株は歴史的安値圏。

<UBS>
下落相場の期間 1987年の3カ月間が一番短い。最長は2000年からの25カ月間。
ピーク
長期的上昇をどれだけ諦めるかが重要。
2020-03-20
上はCME日経平均先物です。日経平均チャート以外は独自のものです。チャート上の太い青が買い転換、下の緑赤も買い転換しました。前回1日だけで再び売り転換しましたが、直近で2度目なので数日は期待できると思います。しかし、来週は追証などの売りをこなしつつリハビリ期間とみています。


↑このページのトップヘ