Stock Factory

 素人の株式投資日記

Twitter https://twitter.com/superamateur3

中国仕手筋の新たな動き(嘘です個人的な趣味の話ですので非公開)続きを読む

久しぶりに追証件数が急増しました。9月14日の日経平均794円下落の時は予想外の少なさでしたが、今日は14日の6倍近くでした。

2022-09-16 (1)
上は昨年12月20日から今日までの主な追証発生日と推定件数*のグラフです。カラーラインの見方は以下です👇

ライン表示
今日は7月1日以来の赤ライン突発です。これから一段安が懸念されます。
2022-09-16 (3)
上は日経平均ですが、赤矢印は落ちつた相場の後に赤のラインを突破した日です。昨年、一昨年を見ても同様にすべて一段安しています。2月のように1日反発あるかもしれませんが、一段安リスクは高まったかもしれません。

*推定件数 すべての証券会社を把握した数字ではございません。


前回、この手法を載せたのは9月12日でした。その日、市場の専門家は総強気でしたが、ブログには「とりあえず売りまたは買い見送り」と述べました。そして翌13日わずか72円高、14日796円安となりました。さて、今後の予想です。

HVI
直近の上下幅を合わせて拡大します。

HVI2
直近はほぼ正確に日々予想できているかと思います。明日下落の場合、打診買い。次の突っ込みが26日だと再度買い。しかし、市場のプロの方たちの多くは10月大幅安予想ですので、素人の私の予想は逆指標としてご覧ください。

なお、ブログの掲載の予想法は完全オリジナル「変化日・トレンド予想法」に記しています。

   銘   柄

GFA8783 突っ込みは買い。継続疑義。

まだ調査中のため、確認でき次第、明日後場ツイッターに1銘柄か2銘柄載せます。


円買い介入について証券関係者の間違ったコメントが見受けられるので少々触れておきます。

・今の円高は資源高、日米金利差などファンダメンタルズに基づいた動きのため、効果は限られる
・円安阻止には金融正常化が必要。しかし、少なくとも黒田総裁の任期切れまでは不可能
・円売り介入と違い、円買い介入は効果が限られる
 円売り介入⇒資金は財務省が政府短期証券を発行して市場から調達。理屈上は無限大に調達できる。
 円買い介入⇒通常米ドルだが、これは外貨準備を取り崩して調達するため限りがる。
 しかし、日本の外貨準備は1.3兆ドルと膨大だが、全部は使えない。
 過去の円買い介入額
 1991年5月~92年8月 約7800億円
 1997年12月の3日間 約1.1兆円
 1998年4月の2日間 約2.8兆円
   〃  6月の1日間 約2300億円
 すべて効果はわずかで円安を阻止できませんでした。
・円買い介入で使える外貨準備は1000億ドルが限度で、これでも円安が止まらなかったら投機筋は売り浴びせてくる可能性。

よく発展途上国が自国通貨防衛のために介入しても、外貨が底をつけば売り浴びせられ通貨危機が起こります。つまり、金融政策を正常化しないのに円買い介入することは矛盾しており、長引けば通貨危機リスクさえ起こります。結論として、介入はあっても限定的でしょう。

なお、ここにきて海外からの旅行者受け入れを大幅に緩和しました。表向きインバウンド期待ですが、狙いは円高阻止の一環でしょう。2019年のインバウンド需要は4.8兆円でした。留学生など長期滞在者の経済効果が2.7兆円。合計7.5兆円です。今年の上期貿易赤字は原油高もあり7兆9241億円です。インバウンドがコロナ前に戻っただけで半期分をカバーできます。そうなると円安はかなり是正できるはずです。

*以上、素人の感想です

    銘   柄

トミタ電機6898

フジプレミア4237

三井住友FG8316



日経平均の40日先までの変化日予想です。40日はこれまでありませんでした。まだ試験段階なので信頼性は限りなくゼロです。
HV2
明日売りか買い見送り、しかし、18日か20日再度買いの予想です。ネタ不足のため、今回は実験中の手法を載せました。すいません。


  銘  柄

三井住友8316

GFA8783



↑このページのトップヘ