STOCK TRAIN
金利いは、名目金利、実質金利、期待インフレ率があり、これらで景気がある程度予想されます。

現在 実質金利-0.8% 期待インフレ率2.2% 長期金利(名目金利)1.34%

名目金利ー期待インフレ率=自然利子率 に当てはめると
1.34%ー2.2%=-0.86% 自然利子率ー0.86%となります

実質金利 > 支援利子率 景気抑制策となり株式下落の可能性、今は
-0.8% > -0.86% で景気刺激状態です。しかし、接近してきています。

期待インフレ率、自然利子率が変わらずで、長期金利のみ1.4%以上に上昇すると相場は危なくなります。しかし、他の金利も上昇するため、1.5%が危険ラインの目安ではないかと考えます。

これまで、金利上昇=株式上昇 の関係でしたが、1.4%を超えると少し警戒、1.5%超えで要警戒と思います。


ストックボイスは「利益確定の売り」と解説していましたが、それは機関投資家など一部と思います。個人は損失確定の売りも多かったと思います。

2021-02-19 (1)
上は「昨年4月以降~今日までの主な追証発生日と推定件数グラフ」です。日経平均534円安となった1月29日以来の多さです。今後のことは分かりませんが、新興市場やハコモノ中心に個人は言われているほど儲かってないということです。
なお、過去のパターンから予想すると、近いうちに今日の倍以上の追証激増がある可能性が高くなりました。

  

店内食合いとは、同一銘柄の信用売りと信用買いの重複する部分のことです。証券会社内で相殺するため、店内食合いといいます。相殺できることで、有価証券あるいは資金の調達額を少なくできるため、証券会社にとってはメリットあります。
また、食合いが多いとそれだけ活況ということで過熱相場として売りになることが多いです。店内食合いを金額ベースで日経平均と比べます。

日経
店内食合い金額は先週までですが、食合いが天井だと売りになっています。日経平均とは1~3週のずれはありますが、先々週、非常に高い位置(食合い金額が大きい)でした。先週時点でも過熱です。
警戒レベルかと思います。


   銘  柄

キトー6409

ジェクシード3719 下落中ですが、長期放置



↑このページのトップヘ