STOCK TAXI

株式投資日記 Kabu Love   

ホームページ https://www.stocktrain2.com/ ツイッター https://twitter.com/

連日大量の追証が発生していますが、セイリングクライマックスほどではありません。しかし五月雨のように多くの追証が発生しています。今日はTOPIXプラス、日経平均小幅安でも昨日の約1.4倍の追証が発生したようです(当社によるネット証券数社聞き取り調査)。個人は新興・小型で引き続き苦境に立たされていることが想像できます。これは高値期日接近の影響もあるでしょう。

ブルームバーグによると、ETF分配金で7月上旬に売りが出るそうです。今年は4000億前後。日銀のETF買いで保有するETFが膨らみ、企業の配当金と合わせて分配金捻出に伴う売りが大きくなるし雲とのこと。運用会社は3月の企業決算後に株価指数先物を買い建ており、分配金を支払う際には先物をある程度売るようです。

しかしそれが終わると例年買い場となっています。2013年6月27日買い、14年7月11日買い、15年7月9日買い、16年7月8日買い、17年7月7日買い場となっています。
総悲観の中で買い場は発生します。


  銘柄

グローバルリンク3486

日経平均低迷中ですが、日本銀行株は5月に大幅高しました。直近こそ下落も高値圏。日銀株と日経平均の比較はほとんどなかったと思います。
2018-07-03 (5)
上は日銀日足チャートです。出来高が少ないため、週足を日経平均と対比させます。

日銀
日経平均週足と日銀週足です。連動している時期もあればそうでない時期もあり、余り相関関係はなさそうに見えます。日銀を右へ移動します。
日銀2
日銀を21週ほど移動しました。すると日銀の天底、相場が変化する時が日経平均の変化日とほぼ一致します。ただそこが買いなのか売りなのかは分かりません。数週間後に変化日が2回やってきます。順当にいけばまずは買いの変化日かと思います。それまでの動きは分かりません。


     銘柄

国際紙パルプ9274

米中貿易摩擦の影響は主力輸出株が受けるはずですが、実際はそうでもないようです。
マザーズ
上はマザーズ指数と上海総合です。今年になってから連動性が高くなっています。日経平均がNYダウの影響を受けるのに対して、マザーズは上海の影響を受けているといえます。ただその理由は分かりません。
7月6日に米中それぞれが追加関税の正式発表をします。織り込み済みとなり上海は反発するのか、それとも下げ加速となるのか。マザーズにとっても気がかりです。

2018-07-02 (4)
ところで、1995年日米自動車摩擦問題が激化していましたが、6月に決着。その後の日経平均はご覧の通りで1年で約6割上昇しました。今は貿易摩擦の決着が見えない段階のため売られているのかもしれません。


    銘柄

水曜から日経ブル(1570)打診買い

↑このページのトップヘ