ホームページ https://www.stocktrain2.com/stock-train ツイッター  https://twitter.com/superamateur3

 現在、日経平均先物は17470円と現物終値を少し下回っただけで影響は軽微。また国債先物は先週、史上最高値(利回り低下)をつけたが小幅な動き。

 過去の格下げを見るとムーディーズは2007年10月にAAに格下げ、2009年5月にAA-に格下げしています。2007年時は直前に世界同時株安がありWTIが急騰していました。しかし日本国債は買われ利回りは低下しました。FRBがFFレートを4.75%から小刻みに下げ続けた影響もあったもかもしれませんが格下げの影響は逆に利回り低下となりました。
2009年5月時は前月にクライスラー破綻があったものの政権交代期待から日経平均は上昇し連れて国債利回りも上昇しました。

 過去2回からいえることはムーディーズの格下げは一時的でしかないということです。ただしシングルAも切るようだと問題でしょう。 問題は為替だと思います。
為替
上は当時のドル円週足チャートです。赤丸がムーディーズが引き下げた時期です。引き下げですが実際には円高となりました。 今回もポイントは為替と考えます。 円高にぶれるようだと再び新興市場特にバイオが買われるような気がします。 

         銘柄

メディシノバ4875 今月は期待しています

日テレ9404 私の履歴書、萩本欽ちゃん関連

三井住友FG8316 中長期で買い。三菱UFJとの比較で出遅れ。

古河電池6937 はやぶさ2の電池は同社製

ストリーム3071 子会社エックスワンが幹細胞コスメを新発売

 

 NY,東京ともにさすがに重たくなってきた感じですが、調整かと思われたら世界中のどこからか支援材料が出てきて高値更新という相場が続いています。
ロシア1
上はモスクワ株式指数であるRTSIDX(ドル建て)とWTIの日足チャートです。見事に一致して下げています。ロシアは国家歳入の4割が石油関連です。そして国家予算は96ドルで見積もっています。現状の70ドルだと大幅赤字ということです。一方、日本は輸入の3分の1が原油をはじめとして鉱物性燃料です。日本経済にとっては強いフォローの風です。もちろん日本株にとってもです。
ロシアと経済的関係の深いドイツが12連騰していることからも日米株にとっては良いことです。
ダウ1
米国市場をみますと、ダウとVIXは上のような動きです。VIXが今後上昇するのか再び低下するのかで株式の行方は大きく変わります。
ダウ2
VIXを上下逆さにすると上のようになりますが、11月26日12.07%まで低下したVIXがどうなるのか。当社では1ヶ月以上前に11月17日ごろから調整と予想しました。結果は上昇しました。先物動向から将来を予測しても、大きな出来頃があれば予想は狂います。
今後しばらくは押し目買いになるとみています。

           銘柄

日本合成4201 陰線ツツミ足でも売りだが、月曜短いハラミになれば売り確定か

シスメックス6869 6月の新工場稼動により粗利益率改善が寄与し今後利益を押し上げる。

トリドール3397 金曜の大商いで底入れの可能性もあるがまずは打診買い。

鳥貴族3193 チャートは良くないので押し目買い。ワタミ、モンテローザなど他のチェーン店居酒屋とは味が違う。

レッド3350 IR参照



  

 昨日のブログで外国為替特別会計について誤った記述がありましたので訂正します。過去の為替介入などで積みあがった政府の外国債券は1.2兆ドルですが、2012年3月期は41兆円の含み損でした。それが円安で2014年3月の含み損は10兆円弱となりました。 3月は1ドル104円でしたから今だと含み損はなくなっていると思われます。
 最近は円安デメリットが強調されていますが、41兆円も会計が改善したことはとてつもなくすばらしいことです。 これほど天文学的な改善をした政権があったでしょうか。

 さて、決算も終わり証券各社はレポートで大忙しです。しかし私が見た範囲では新規Aあるいは強気見通しが見当たりません。多くはニュートラル、アンダーウエイトで現用維持あるいは下げです。これは企業業績が伸び悩んだというよりは、株価が上がり過ぎたとみるべきでしょう。 幸い当社では目先弱気見通しを立てていましたので、主力銘柄の高値掴みはないと思います。

 選挙が終わるまでは新興市場、小型株相場かもしれません。今は期間限定相場です。選挙中の大型株の押し目を買うか、新興市場の短期売買かです。

     銘柄

ソフトフロント 2321 今日が初日

特殊電極3437 まだ初動

ケーヒン7251 ホンダに不透明感で売り

昭和シェル5002 原油下落に太陽光リスク。売り

 

↑このページのトップヘ