ホームページ https://www.stocktrain2.com/stock-train ツイッター  https://twitter.com/superamateur3

 日経平均は3円高、4円高と横ばいですのでこれも立派な調整でしょう。何も大幅安するだけが調整ではありません。変わらずも700円安も調整には変わりません。 残念ながら力不足で変化日、方向性は読めても値幅が読めません。 

  読売新聞によると、内閣改造は9月3日とのこと。 したがって経済てこ入れがあるとしても9月中旬以降になるはずです。来週になれば例のごとく、内閣改造を‘見極めてから’ との解説が相次ぐでしょう。

  現在、円安を受け日経平均先物は15360円と堅調です。 しかし円安になるとしても日米金利差は材料にはならないと思います。米10年国債は利回り低下中ですがまだ低下余地があります。一方日本は低下余地がほとんどありません。 円安になるとすれば、10月の米量的緩和終了後の日米マネタリーベースの差になると思います。

 日経平均PERは先週で14.76倍、EPSは1038円です。15倍前後で株価は下落しています。15倍で15570円。 上値余地は250円です。 しかし、その前に調整はあると思います。

      銘柄

・ 日経夕刊トップに 東南アジア地デジ特需 とあります。小型関連銘柄は
ピクセラ(6731)、イーター電機(6891)、電気興業(6706)など

 ・Wスコープ6819 赤三平出現

・TYO4358 中長期でみています

・スバル興業9632 道路関連のアナ株 

1~2ヶ月先の上下方向を予測してみました

 続きを読む

 昨日はNYダウ下落したもののチャートは悪くないです。ナスダックはプラス、SP500はほぼ変わらず、ウィルシャー5000は小幅高。 ダウ以外は堅調。 それでも来週前半は調整とみています。
 nyb
上は毎度、取り上げているNUダウとVIXです。VIXが大きく低下したことによってダウも反発したことがはっきりと分かります。
nyc
これも毎度のことですがVIXのみ上下反転させることで高い連動性が確認できます。以上のチャートが推測すると目先調整かな、と思います。 もちろんNYダウに限ったことで日経平均やマザーズ、JQにも当てはまるとは限りません。 ただ「備えあれば憂いなし」で晴れてても傘の用意は必要な時期と思います。

       銘柄

石原産業4028 JUKI介入した筋が新たに買い始めたとのうわさ。

サイネックス2376 ふるさと納税支援を事業、地域行政情報誌など、政府の「地方活性化」政策の本命ともいえる。

TYO4358 意図的に作ったようなチャートに感じる。

星光PMC 4963 材料発表前日に取り上げたのは当社のみと思う。先行②で跳ね返されたが押し目は買いと考える。

↑このページのトップヘ