STOCK TAXI

株式投資日記 Kabu Love   

ホームページ https://www.stocktrain2.com/ ツイッター https://twitter.com/

日経平均を中長期(といっても数か月)で見てみます。なおGC社のタイミングという指標を参考にしています。

日経
何となくですが、タイミングが底の時が買いのように見えます。分かり易くタイミングを上下半反転させます。

日経2
反転させたタイミングが低下し始めれば日経平均は上昇トレンドに入ると予想します。時間の問題だと思います。


       銘柄

明日、無料メールにて中長期銘柄を一つ配信する予定です。

最近のダウ下落要因が米超長期金利と連動していることが分かりました。一般駅に金利と株価を見比べる場合、2年物、10年物を対象としており、30年債は見落としがちでした。
2018-04-02 (8)
その前に米10年国債利回りです。最近は横這いです。


ダウ
ダウと米30年国債利回りです。この2カ月は30年との相関関係が高くなっています。
30年物は住宅ローンに影響するほか、上昇すると米の財政を圧迫します。利回り低下の場合は、不動産にプラスです。また、米経済が長期的には加熱には向かっていないことを示唆しています。
しかし、これらには上も下も限度があります。問題は30年の利回り低下が急激すぎて、長期金利との逆イールドになった場合です。この場合は景気後退を意味するので株式に危険です。今の米経済状況からみれば、低下し過ぎのように感じます。現状では2年、10年、30年それぞれ緩やかな金利上昇が望ましいのではないでしょうか。


     銘柄

キトー6409

〇〇〇〇3千番台  2千円台銘柄


日経平均日足、週足を独自の見方で解説します。

2018-04-01
日経平均日足です。下のMACDはGCしました。赤と緑の棒はMACDヒストリカルですが、赤(買い)に転換しました。ここまでは見れば分かることです。
MACDヒストリカルがマイナス(緑に転換)あるいはプラス(赤に転換)した日から35日前後が買いまたは売りになっています。2月22日赤転換して昨日で25日目です。

次に週足を別のチャートで見てみます。

2018-04-01 (1)
一目均衡表の雲(先行スパン1,2)のみですが、日数を変えています。黄色の期間は日経平均が上昇ないしは横這いで調整はありません。先行スパン1(赤のライン)が2の上に位置して、平行になっている時です。週足では悪くて横這い、良ければ上昇と考えます。


    

↑このページのトップヘ