政府は日経平均15500円を死守すると見ていましたが、今日は介入があった形跡は感じませんでした。買い支えがなければ15000円が妥当かと思います。 今は内閣改造前なのでこんなものでしょう。
 
 さて、昨日ブログで取り上げた銘柄の多くが高くなりました。建設セクターはやり過ぎたように感じます。月足で大手建設の中には「三手大赤線」といって、高値での3本連続大陽線。自立的な押し目はありそうです。しかしここらで一服したほうが長い相場になると思います。また日足で高値の3空銘柄もあります。月曜から注意したいところです。

 目先は9月3日の内閣改造までは調整と思います。9月は消費税引き上げ判断最後の月ですからなりふり構わず株価を上げてくるのではないでしょうか。相場のテーマは目まぐるしく変化しています。2日は続いても3日続かなくなっています。素早く売買したいものです。 日経平均日足もMACDのデッドクロスが近づいていますので警戒です。 日経平均は今は三役好転していますが、明日にでも二役になります。 
 ところで、日興など88ヶ月周期を主張していますが、過去に遡って調べて見るとアノマリーはありません。

     銘柄

石山ゲート7708 パーフェクト投資顧問推奨

日本ケミコン6997 戸田工業(4100)介入資金が移動しているようです。

日本基礎技術1914 地すべり対策技術に定評。まだ初動。