NYに引きずられて日経平均もあっさり先行2をクリアしました。 しかしここが問題で明日も上放れって寄り付くと3空になります。 また、個人投資家の多くは評価損を抱えて動けないようです。 新興市場の下落、仕手株崩壊などによります。 当ブログ、ツイッターでは何度もOak関連に警笛を鳴らしました。 プレヴェ再生しかりJブリッジしかり。古くは振興銀行、クレアモント、ワシントン。 ボロ株は再生不可能なのです。 傘下企業は増資が本業となり、出資元は安い価格で第3社割り当てを引き受け儲けてまたボロ企業の第3社割り当てを引き受ける。 中身は何も変わらないのです。 発行株数だけが増えていきます。 そして毎度のことで崩壊です。 過去企業再生成功したことがあるでしょうか。

 週初め、月曜から水曜あたり戻り天井かなと予想しましたが、木曜も強い。米国からの追い風で円安ということもあります。 日本は既に内需型の産業構造ですので、確かに恩恵を受けるのは一部の大企業だけかもしれません。 でもそれでいいのです。 少なくとも日経平均は上がるのですから。

 気がかりな点はVIX指数がすでに15.15%まで低下してきたことです。 さげてもせいぜいあと3%程度でしょう。 今後はVIX上昇圧力がかかります。そうなるとダウやSP500は売られます。 そころそ警戒かも。

  有料分析ソフトを入れているPC故障のため、チャート貼り付けはしばらく出来ません。日曜までには急いで復旧させます。

   銘柄

市光工業7244 連日取り上げていますがまだ出遅れ

ユニチカ3103 買わないように

チタン工業4098 中間決算で通期上方修正の観測も

陽光都市8946 仕手株は環境悪いですが、それは東京の仕手筋。来週から関西系仕手筋が攻めてくるとの噂。