あと3日間ですが強気で対処でいいでしょう。225の多くの銘柄が上場来高値を更新してきています。しかし日経平均は高値からまだ2万円以上安い水準。225EPSも過去最高です。 来年はこの矛盾がある程度修正される時だと思います。 しかし今はプロの専門家が総強気になってきています。 昨年同様1月は警戒かと思います。 消費税再引き上げ延期が意味することろは延期している間に是が非でもインフレ率2%達成、景気回復をホンモノにする必要があるということです。財務省出身の黒田総裁は2%達成のためにあらゆる手を使ってくるはずです。現状では原油安もあり難しいところです。先の追加量的緩和の効果を春まで見るでしょうが、恐らくBEI指数は春まで待っても2%は無理かと思います。 そうなるとQE3もアリかと思います。 原油安、量的金融緩和第3弾、そして円安による大企業の業績拡大で日経平均は大幅に上昇すると予想します。 しかしながらとりあえずは1月中旬に調整があるとみています。   銘柄 オカモト5122 中長期 アールテックウエノ4573 この水準なら中長期で買い ジャパンマテリアル6055 半導体用特殊ガスの拡大が続く 富士フィルム4901 ドイツ証券4500円目標 バンダイナムコ7832 11月より韓国で妖怪ウォッチ関連商品の販売がスタート。順調に推移していることから今後アジア、グローバル展開が期待できる。 帝国ホテル9708 6連騰の値幅はわずか、しばらく放置でOK フィンテックグローバル8789 地方再生関連 カドカワドワンゴ9468 12月5~7日にシンガポールで開催された「アニメ・フェスティバル・アジア」に海外では初めてとなる「ニコニコ国会議」を出展。