最近、原油安の影響でデフレ脱却が遠のいたとの解説も見られます。株式市場に関わるものはデフレでも株価が上がればいいのです。 しかし原油安が日本経済に悪いはずはありません。 
 225
上は2001年9月からの日経平均とWTIの月足です。分かり易くするためWTIは上下反転させていますので、上が原油安、下が原油高になります。
ご覧の通り、約13年間ほぼ 原油安=日経平均高 で推移しています。 しかしロシア株式も落ち着きをを取り戻して、原油も下げ止まってきた感があります。 この間には原発が稼動していました。それでも株価は原油価格の影響を受けてきました。  今度原油がどうなるかは分かりません。 しかし低位安定+円安なら株価には大きなプラスと思います。 まあ、以上は超長期ですので無視して下さい。

今日は後場から売られ、現在(20時53分)225先物は17660円と小幅安です。 大手証券、外資、評論家すべて先行き強気です。 唯一、みずほ証券ストラテジストのみ「年末年始急落」を予想しています。
当社は仮に年末年始調整するようだと、これまで予想していた1月中旬からの調整が早まったと考え、逆に1月中旬から買いになると予想します。

ところで、225EPSが春には1200円あるいは夏には1300円になると威勢のいい声が増えていますが、基本は予想PERではなく10年平均値PERが重要です。10年PERをシラーPERといいますが、現在15.7倍です。仮に1200円だと15.7倍かけて18840となります。 単にPER16倍、17倍と当てはめるのは長期投資にとっては間違いと思います。

           銘柄

ヒビノ2469 竹内まりやが33年ぶりにコンサートを開きます。音楽業界全体でもCDの売上げ縮小に反してライブ売上げは増加しており、既に売上げ高でCDを超えています。ライブを影で支えるのがヒビノです。

積水工機6487 注目します

MUTOH7999 最近TVでDMMがビートたけしを起用したCMを流しています。来年は個人にも3Dプリンターが普及しはじめる年だと思います。