STOCK TAXI

株式投資日記 Kabu Love   

2015年05月

某証券国際部に外人動向を尋ねると 「日本株に乗り遅れたファンドマネージャーは本国から、早く玉を揃えろ」とプレッシャーをかけられ 「買い急いでいる」そうです。 また証券会社のMRF残高は約12兆円と史上空前のキャッシュポジション。 
みずほは低位で日本を代表する銀行のため個人投資家に人気があります。しかし長年買っては下がり、買っては下がりの繰り返しでした。それが急上昇したことでやれやれの売りが続出しています。多かれ少なかれ他の銘柄にもいえるでしょう。その結果が個人投資家の空前のキャッシュポジションです。

下がれば買いたい待機資金はたっぷりあります。しかし押し目がないため買いは見送り、これがベタラン投資家に多い動きではないでしょうか。 そして彼らは新興市場の高値で賑わっている銘柄には手を出さないと思います。出遅れ銘柄を買うでしょうから今後も出遅れ銘柄は物色されるでしょう。

前回ドル円と日経平均を掲載しましたが、円相場の周期が下です。
ドル円
1995年4月以降の周期を色分けしました。おおよそ43ヶ月前後の周期ですが、過去のこじつけただけですので話半分で見てください。

NYダウは5月19日ブログ にて 「NY、今日天井と予想します」と述べました。そして19日を天井に昨日まで調整中です。 しかし我々の誤算は日経平均が連動せず、逆行高したことです。 執拗な日銀の大引け前のETF買いに痺れをきらした外人買いが相場を作ったのでしょう。一般的な機関投資家ファンドマネージャーはTOPIXを上回る運用を求められるため、今週のようなTOPIX型相場だと機械的に追随買いせざるを得ません。

NYダウの次の変化日は6月4日前後1日です。来週木曜あたりまで調整すれば買いになる可能性が高くなります。その次は6月8日、6月17日に変化日が来ますが、まずは4日をみないことには分かりません。

     銘柄

ソフトバンク9984 12月22日高値から調整が続いています。22日高値期日ですが調整は終わり新たな上昇相場入りになったかもしれません。

東鉄工業1835 出遅れ

長谷工1808 ジャンピングキャッチの可能性大ですが、6月3~5日、ビッグサイトで建築再生展が開催されます。古いマンションの建て替え、リノベーションは国策ともいえます。


 

円安が止まらなくなってきました。現在(21時43分)124.25円で、2002年12月以来の水準です。13年ぶりになります。
 日経平均
為替
日経平均と為替月足チャートです(1ヶ月ずれてます)緑が現在の為替水準だった時期です。 ここで問題なのはご覧のとおり 円安=株高 です。政府なり海外が円安に警笛を鳴らしはじめると日経平均も調整するかもしれません。

我々はNYを予想し、それを日経平均に当てはめてきました。しかしこの2週間逆の動きとなり失敗です。再度、NYと日経平均の関係を調整し直した結果、日経平均は明日が変化日となります。高値で迎えるため恐らく調整入りになると思います。 しかし日銀やGPIFが介入するでしょうから調整したとしても下値はしれているでしょう。GPIFは買い余力がまだ2兆円あるうえに4~5月前半売り越しており、余裕があります。また日銀もETF買い余力がまだ2兆円も残っています。

NYは27日が重要変化日と前々からいい続けてきました。昨日戻りましたが恐らく調整入りしたと予想します。

    銘柄

みずほFG8411 信用取り組みにもよりますが、空売り急増でなければ売り。

日立6501 6月8日高値期日。しばらく買い下がりの6ヵ月後狙い。

 

NYダウは予想通りの下落となったものの日経平均はプラスでした。この2週間連動しなくなっており、日経平均の予想は非常に難しくなっています。
現在、ドル円は125.57円で夕方からさらに円安が加速しています。こうなると単純に円安メリット株を買うべきかと思います。 円安デメリットの電力は先行したガスなどからの資金シフト、原発再稼動、自由化などの材料で一時的に買われているのだと思います。

NYは現在44ドル高ですが、VIX指数が危うい位置です。
VIX
当然ながら、VIX上昇=株安 です。再び低下あるいは横ばいなら問題ありませんが、上昇となる目先厳しいでしょう。 
NYは今日が変化日です。前後一日も含みますので、昨日から調整入りなのか今日が買いになるのかは3,4日経過しないと判明しません。 大幅安で変化日を迎えたため買い転換になってほしいですが。

    銘柄

アピックヤマダ6300 あくまで噂ですが郷鉄工で儲けた資金の一部が流れてきたとのことです。



 

米市場はドル高で調整かもしれません。またこれまで述べてきましたが今日が重要な変化日に当たります。
NYは上放れるのか調整入りなのか。どちらかに動くとみています。 しかし日経平均は急激な円安を受けて上昇が続きそうです。 

日本の電機業界が衰退した要因は円高だと思います。それも対ウォンに対してです。しかし今はウォン高です。過去の日韓の流れが逆転しました。 最大の要因は米政権が円安を容認したからだと思います。 韓国は中国になびいたためウォン高という制裁を受け続けるでしょう。しかし中国に擦り寄らなかった日本を米国は高く評価し、円安を容認。 米政権から円安発言が全く聞こえてこないのが何よりの証拠です。過去何度「円はもっと高くなるべきだ」と発言されたことでしょう。隔世の感があります。

これも中国に断固とした態度で挑んでいる安倍首相の功績だともいます。 日本にしてみれば親中朴政権が続くほうが経済的に有利です。 我々は政治とは一線を置いていましたが、考えを改めなければなりません。 なお6月中旬に今後3ヶ月~6ヶ月の相場のテーマが決まりそうです。 判明次第お知らせします。

    銘柄

山一電機6941 昨日の会社説明会はポジティブな内容だったようで、16年度会社側予想は保守的との見方。上方修正濃厚。 

日経平均7連騰も出来高は減少中で、売買代金は4月27日以来の低水準。売買代金・出来高が減少しての連騰です。
 225
上は日経平均と売買代金です。一般的には高値で売買代金が細れば売り、安値で細れば買いですが、過去には出来高が増えて日経平均も上昇加速したこともあり断定はできません。
また騰落レシオは低いままというのがこれまでの上昇相場とは違う点です。過熱なき上昇相場に公的資金が入るためNY市場のように簡単には予想できません。  

日経によると欧州資金の買いで上昇しているとのことですが、外人買いはまず北米ヘッジファンド⇒北米バリュー投資家⇒欧州 そして日本の個人という順番でした。しかしインターネットの普及で個人は機関投資家以上に素早く行動するため、個人の高値掴みはないでしょう。高値を買うとしたら投信です。

前置きはさて置き、NYは27日変化日。27日から上下どちらに動くのか? 我々は下とみています。

   銘柄

主力は27日に撤退

バンダイナムコ7832 チャートは良くないためじっくり押し目待ち。一確のゲームアプリ「パチスロ鉄建」とコラボ。ちなみに一確のパチスロゴッドイーターは1800円と高額でも有料ゲーム部門4位。

eBASE3835 いい動きにみえます。

DDS3872 長期でみています。 

↑このページのトップヘ