STOCK TAXI

株式投資日記 Kabu Love   

2015年08月

暴落、そして下げ幅の半値近くの戻し。当然の一服。 騰落数では値上がり銘柄数が勝っていたので問題ないと思います。 NYも1,2日調整後上昇に向かうと予想します。 しかしどこかで2番底を確認する動きがあるでしょう。

しかし、変化日(当社独自)でみると9月1日、9月3~4日、 9月9日が警戒日になります。9月3,4日頃までリバウンドすると一度下落があるかもしれません。 今週のNYのデータがありませんので明日かあさって再度検証します。

   銘柄

多木化学4025  細胞培養用スポンジ状コラーゲンはこれまで牛や豚由来のもので崩れやすかったが、同社は魚を原料としたものの成形に成功。再生医療などの用途を見込み、大学や製薬会社に売り込む。今5年後には売上高10億を目指す。

イントランス3237  28日一時急騰もその後急速に萎む。しかし今日の一服で再び上昇の可能性。



   
 

暴落は予想できませんでしたが、その後は大体予想通りの展開だったと思います。さていつもNY予想ばかりなので日経平均をみてみます。 しかし東京市場は日銀、年金など公的資金介入があるため、非常に難しいです。中国批判するのもいいけど、日本も空売り規制強化してきましたし、年金の国内株式運用枠拡大で支えてきたのも事実です。

225HV2
これも当社オリジナルの日経平均方向予測グラフです。 直近で5日間のズレが生じてしますがおおよその上げ下げは予想できています。 目先2~3日横ばいないしは下落も押し目は買いと思います。いくらが押し目なのかはわかりません。その時の出来高などによります。

日経平均月足

上は日経平均月足です。高値と下値のラインを引くとご覧のとおりです。下値も同様です。しかしMACDは高水準でのデッドクロス前です。目先はリバウンド相場のため押し目買いだと思いますが、長期では長い上昇相場が終わった可能性もあります。

   銘柄

日本コンクリート5269  トンネル工事向けコンクリに強み。隠れリニア関連。

村田製作所6981 iPhone6S発売前で再び同社の成長期待。






 

2日上がると「大底打った」という解説が急増中。 明日も上がると俄然強気一色になるのは毎度のこと。
数ヶ月あるいは1年の長期でみると大天井をつけた可能性のほうが高いと思います。 

 GDPギャップ
上はウィルシャー5000時価総額と米GDPです。過去時価総額が上待った山は2000年6月、2007年6月でした。 前者はITバブル天井から2か月後、 後者は翌月から暴落でした。 数年の長期でみる指標ですので、目先数か月以内の投資には関係ない指標ですが、時価総額とGDPのギャップはピークを過ぎたように見えるのは当社だけでしょうか?

目先はリバウンド相場、長期では大天井かもしれません。 ただし、超長期の視点でみるにはあらゆる指標を再チェックする必要がありますので今後の課題です。

   銘柄

 大成建設1801 リニアの土木工事第1弾を佐藤工業、銭高組の共同企業体と受注。2社は非上場。

インバウンド関連 中国の対日姿勢が強硬になってきています。戻り売り。

 トレイダーズ8704 来週火曜日までのイチかバチかの勝負銘柄。3対7の割合で負けると思いますが。

歴史的急落のため、目先は出入りの激しい相場になりそうですが、少し長い目では以下のように予想します。 しかし米中の動向次第ですので自信はないです。

 VIX
VIX指数は歴史的高値です。今後さらに上昇する可能性より低下する可能性のほうが高いと思います。

 つまり VIX低下=ダウ上昇 二なると思います。

 次にダウトレンド予想を2通り考えました。

A
B
上はよく使っている予想グラフです(何度もいいますが値幅は予想していません)。下は修正を加えたものです。いずれにせよ目先は上下振られそうですが上昇かと思います。

   銘柄

sMedio3912 散々売られて上場来安値付近ですが、ワイヤレスコネクティビティが話題のネットフリックスにも採用されているようです。

 

現在21時25分。今強気書いたところで「後出し」でしかありませんので、NY予想はこちらご参照下さい。
 http://stocktrain2.blog.jp/

今日は仕手筋について述べます。 3月11日、般若の会が強制捜査を受けましたが、その後続報は全くありません。 しかし9月で半年となります。 当局が動くとしたら9月だと思います。 もし動いたらどういう展開になるのかは分かりません。 しかし般若の会銘柄はじめ仕手株は避けたほうが良いかと思います。

親族名義でも借名として挙げることは可能だと思います。

以上は当社の勝手な憶測ですので誤解なさらないようにお願いします。 

↑このページのトップヘ