STOCK TAXI

株式投資日記 Kabu Love   

2015年08月

IV日足
上は日経VI指数ですが、金曜月曜で急上昇しました。この水準がどの程度かというと

 IV月足
上はVI指数月足です。 大震災のときは69.88%でしたが、昨日は35.66%。 過去の大暴落には及びません。 逆言えばリバウンドは低いかもしれません。 

マスコミはネガティブなニュースを好みますので、今日の報道は割り引いて解釈すべきでしょう。 しかし目先のリバウンドはあっても戻りは売りかもしれません。
 日経平均月足
上は日経平均月足一目均衡表です。 2012年末からの上昇相が終了したような足です。 長期的には17773円が次の目途になります。 しかし目先は4空の下げ。 また今日の暴落で追証件数も歴史的多さになったと推測します。 
今日の個人投資家はリバウンド狙いで前場早い時間帯に買い出動していたようですが、後場になると買いはやめて様子見。前場買った株は持越しのようです。明日はその売りに追証の投げが 大量にでてきます。
セイリングクライマックスかもしれません。 水曜はリバウンドするかも。しかしリバウンドであって戻りはまた売りになると思います。

NYは以前から8月18日大きな変化日と予想したものの、買いではなく売りでした。これは大失敗ですが、変化日予想はまだ有効です。次の変化日は9月1日です。 その後は9月4日、9月9日が変化日ですがここまでは小さな変化日です。比較的大きな変化日は9月17日になります。 そこで買いなのか売りなのかは分かりません。

ところで現在19時15分ですがまだネット証券数社からの追証状況が入手できていませんので明日の予想は控えさせていただきます。

   銘柄

山加電業1789

 
 トヨタ7203 米株安、円高、中国工場停止と売り材料しか見当たりません。 しかし今日の出来高は目先筋が投げ切ったものと思います 。

ある指標とダウの組み合わせが今月から連動しなくなっています。 それだけ急激な変動だったのでしょう。VIX指数はリーマンショック時、大震災後のサプライチェーン崩壊懸念に次ぐ高さですから、異常さがわかると思います。こういう時は過去のデータが通用しません。

 VIX1
ダウとVIX(6ヶ月間)です。ダウのとVIXの異常な変動がわかります。 次にVIXのみ上下反転します。

 VIX2
ほぼ正常に連動しています。 

問題は来週以降、異常に急上昇したVIXが低下するのか更に上昇するかです。 

 VIX10年
昨日の28.2%はここ数年では異常に高い数字です。 中国経済バブル崩壊懸念がリーマンショックに匹敵すると考えればまだダウは下落するでしょう。 しかし、リーマンショックのような歴史的事件でなければ今のVIXは高いと市場は判断し、下落(ダウ上昇)に向かうでしょう。

先週日曜は 月曜小幅高か下落、火水上昇、木金下落と予想しました。結果は火曜プラスの時もありましたがずっと下落。結果的に間違いは水曜のみでした。しかし値幅は予想外です。

そして18日のブログにて 「18日は比較的大きな変化日」と指摘しました。そして買いと予想しましたが、結果は売りでした。 それまでの数日の小幅高を過小評価したことと、これまでのダウ予想グラフが通用しなかったためです。 この点は猛省ですが、歴史的転換時は通用しません。 しかし相場が落ち着けば通用しますので、今は嵐が静まるのを待つしかありません。

なお、金曜のネット証券各社の追証件数は今年最大だったようです。 月曜は追証解消の決済・それに伴う現物売り、あるいは現金入金があります。しかし大きく決済したくないのが投資家の心理です。そして翌日再び下落し追証が発生します。2度目もなんとか踏ん張るものです。しかし火曜も下落した場合は大抵諦めて信用建て玉をすべて決済します。 もし月曜、火曜の追証件数が金曜を上回れば 俗に言うセイリングクライマックス で買いになると思います。 それがリバウンドか大底なのかはわかりませんが。

    銘柄

トヨタ7203 先週金曜で予想PER11.4倍、10倍切れば買い

 

現在、日経平均先物は19910円と再び大台割れです。 何人のプロやチャーチストが2万円割れはないと断言していたことでしょうか。 占星術含め誰もが見れる、あるいは誰もが理解できる指標に何の先見性もないと思います。

我々はNYが先に底入れすると予想します。 日経平均はVIあるいはHVが急上昇しないと反転は厳しいと思います。
 VIX続落
上は過去6ヶ月間からみた買いゾーンです。 恐らく今日のNYは続落でしょうからVIXはもっと上昇するはずです。どこで止まるかは分かりませんが、買い場が近づいています。

 VIX1
上の青はダウ、赤はVIXを上下反転させたものです。

しかし問題もあります。18日が大きな変化日でしたが18,19と続落しました。これで下落トレント入りの可能性もあります。そうなると8月12日の安値を下回るかもしれません。 いずれにせよ、今日下落で結構、その分VIXは大幅に上昇してもらいたいものです。

   銘柄

カネヨウ3209  集めているようなチャート

 

日経平均は大幅安といっても5月からの揉み合いの範囲。まだ一目均衡表の雲を上回っています。 各種指数はまちまち。新値3本、5本ともに陰転中、MACDは下向き。しかしカギ足、パラボリック、P&Fは買い継続中。 VI指数は日経平均売り示唆。弱い指標のほうが多くなってますが、大底はほとんどすべての指標が売りになっているときです。 天井はその逆で買い指標ばかりの時です。

 ダウ (1)
上はダウ日足です。8月12日の長い下ヒゲで三役逆転の極に達しました。また赤星で三尊底形成。 ↓のMACDはゴールデンクロス。 そしてダウは底と底の日数は26日になります。 チャートが途切れていますが、2月2日の底から3月11日の底までもやはり26日でした。26日は一目均衡表でいう単純一期に当たります。基本数値の1つです。

しかしVIX指数をみると楽観はできません。いつ下落してもおかしくない位置です。目先デイ、中期強気といった感じでしょうか。

     銘柄

キョウデン6881  第2のアドバネクスとの噂

HB2743  蛎殻町筋の買い継続中のようです

三ツ星ベルト5192  LC覚悟の買い。往年の大仕手株。

↑このページのトップヘ