STOCK TAXI

株式投資日記 Kave Love   ツイッター https://twitter.com/kabulove2

2016年02月

21時現在、日経平均先物は16260円と堅調。ドル円は113.35円と円安です。ほぼ当社作成ダウ方向予想に沿った展開となっています。
 
日経平均も目先は堅調かもしれません。しかし今週金曜日に一目均衡表の変化日がきます。もみ合いから上昇加速するのかリバウンドが終わるのかはまだ分かりませんが、再度売り込まれる理由はないと思います。 逆に、6連騰と賑わっているマザーズは警戒したいところです。

 マザーズ
マザーズ一目均衡表です。赤丸は先行スパン2が横ばいから変化したときです。明日横ばいが変化+雲のねじれとなります。 市場は楽観ムードですが、金余り以外に買う材料はありません。警戒ゾーンかと思います。

       銘柄

昨日に続きGNI(2160)

ASIAN(8946) 仕手株なのでフォローはしません。350円で玉移動のうわさ。 

マスコミ、金融機関は総じて10年国債を取り上げ、日米金利差を解説しています。間違いではありませんが、為替に影響を与えるのは2年物国債利回り差です。

米2年

日本2年

米は日本より先に今年になって利回り低下してきました。そこで日本はマイナス金利で対応したですが、円高になりました。 金融政策、為替は素人と断っておきますが、日本は国の借金返済を猶予してもらったのと引き換えに円高を受け入れたともいえます。また別の見方をすれば、マイナス金利を導入しなかったらもっと円高になっていたともいえます。

米2年物は米経済の先行きを反映するといわれています。利回りが上昇しているときは経済が堅調、低下すると先行き懸念です。低下しはじめてまだ2ヶ月過ぎていませんのでなんともいえませんが、今後上昇に転じれば円安・株高になると思います。




週末は2ヶ月前、1ヶ月前に取り上げた銘柄のその後と反省が中心になります。 基準は以下のとおりです。 当社では上がった銘柄だけ誇示することはしません。

・翌日寄り値から1割下落時点で負け、その後の上昇はカウントされない
・上昇率が1割以下は負けだが、1週間以内の場合は1割以下でも勝ち
・同銘柄を連続して取り上げた場合は初回のみ有効
・割り切り仕手株、銘柄のみは判定から除外
現実の売買で勝てるかどうかを基準とします

12月第3週(14~17日)
        翌日寄付き  高値   安値   昨日大引    判定・今後
ヨネックス     2657         3980        2521         3440            押し目もほとんどなく暴落の中上場来高値〇
朝日ラバー    1279         1357          650           707            その日が高値で急落X
旭ダイヤ      1392         1427          864           970            翌日高値もこれでは無理でしたX
F&M          735          984          670           864             即上昇で800円手前で逃げたでしょう〇
フリービット     914          944          512            627            値幅はないが何度も逃げる機会はありました〇
福島工業       2676         3010        2074          2242           即上昇〇

1月第3週(17~23日)
        翌日寄付き  高値   安値   昨日大引    判定・今後
CVS        92             96            71              81             逃げるの困難だったと思いますX
サカタのタネ   2731         3150        2634           2699           即上昇〇
メディッビック    132           198          125             189             完勝〇

12月第3週 4勝2敗  1月第3週2勝1敗  トータル 6勝3敗

逃げ遅れると急落の時期でした。LCの重要性を認識させられました。しかしLCを守ればトータルでは利益が出せたと思います。 

来週の相場についてはまた後ほどですが、NYはざっとこんな感じでみています。

予想2


   注目株

GNI2160  赤字続きのおんぼろバイオ株ですが、第2のアンジェスになるかと期待しています。

デジタルガレージ4819  地合いの悪さに引きづられましたが、来週以降に期待。


 

一通りリバウンドして強気が増えてきました。しかし12日買い、今日までのリバウンドは多くの投資家が予想できたことです。しかし明日からの予想は難易度が一気に高まります。

F&G
まず、NYは上のインデックスが70~80に達するまで強いかもしれません。赤が弱気で買い、緑が強気で売りになります。7まで低下したときが大底でした。

日経

次に日経平均の戻りめどです。赤の紆余庫ラインがめどですが、16180円でもみ合っています。これを上放れると17300~17400円になりますが、この壁は厳しいと思います。

月

 超長期でみてみます。HVの50超えは歴史的水準です。この場合、長期上昇か長期下落かのどちらかです。

    銘柄

デジタルガレージ4819 ブロックチェーン、フィんテック、AI、日本でのツイッター好調と話題は豊富。

 

オフィスビルの時価=賃貸収入÷期待利回り
(例) 賃貸収入500万÷期待利回り5%=1億円 が時価となります。
          
金利が下がると期待利回りも低下します。仮に4%だと 500万÷4%=1億2500万  

つまり、金利低下によって簿価と時価の差額が広がるのです。当然大手不動産は含み益が拡大することになります。PBRは低下しますので株価上昇余地ができるということです。
しかし、これは机上の空論で、金利低下で賃料も下がったら意味ありません。 また物件の場所が最大要因なのはいうまでもありません。あくまで都心の一等地で成り立つ計算です。しかし、地方の物件が高利回りでも投資案件として魅力がないのはこういう計算式によるところもあると思います。

買ってはならない投資物件 不便な場所のアパート、ワンルームマンション。常に満室は難しく、特にアパートの場合は10年ごとに大規模修繕が必要です。30年後には立て替えるか、更地にして売却するかの出口戦略が必要になりますが、一等地でなければ売り叩かれます。その他常にキャッシュフローが潤沢でなければなりません。 

次に株式市場です。

目先については昨日示したとおりで一進一退ながらも比較的強く推移するとみています。しかし早ければ7日後、遅くとも14日後には売り転換になるかもしれません。正確な計算は明日以降します。
まずは目先の壁は16280円、次に17311円と予想します。

   銘柄

ブイキューブ3681

 

↑このページのトップヘ