2016年02月

日経平均はじめ多くの銘柄が安値で陽線の抱き線となっています。下値での陽線抱き線(包み足)は買いになりますが、ここでリバウンドすると戻りは1~3日の短命で終わると思います。しかし、逆に明日から1~3日下落したら今度は買いになると予想します。
当社では目先下落、11日前後からリバウンドとみています。 なおNYダウの動きは以下のような予想となりました(ただし値幅は表示しておりません。上がるか下がるか、時間軸のみです)

予想1
予想2
予想3
日数計算の違いで3通りになりましたが、当社は2番目となると予想します。しかし3つとも突っ込み買いも上がれば売りになります。その後少しの間上昇となりますが、まだ先のことです。

      銘柄

五洋建設1893  長大陽線も「三手打ち」と解釈。売り。





休日は2ヶ月前、1ヶ月前に取り上げた銘柄のその後と反省が中心になります。 基準は以下のとおりです。 当社では上がった銘柄だけ誇示することはしません。

・翌日寄り値から1割下落時点で負け、その後の上昇はカウントされない
・上昇率が1割以下は負けだが、1週間以内の場合は1割以下でも勝ち
・同銘柄を連続して取り上げた場合は初回のみ有効
・割り切り仕手株、銘柄のみは判定から除外
現実の売買で勝てるかどうかを基準とします

12月第1週(1~5日)
        翌日寄付き  高値   安値   昨日大引    判定・今後
ダイダン           890           909         690             746              翌日高値、その下落も逃げれます〇
星光PMC      1261         1577         981           1023              一見短期大幅高も8日目1割以上下落でLCX
アドウエイズ  710           749         550              616              値幅は僅かも2度撤退チャンスあり〇
日本ダングス  196            205        158              168               当日高値も張り付いてないと無理X
大研医療   1100         1206        803              916              速攻上昇〇
福島工業      2566         3010       2353            2372             完勝〇
秀英予備校 仕手株のため除外 
セリア         5250          6590       4965           5610              完璧に見えるが即5.5%下落でヤバかった〇
日精樹脂     1118          1157         776             783              翌日高値も逃げるのは困難、完敗。すいませんX
サハダイヤ 仕手株のため除外
Jフロント       1914          1944       1481            1506              最悪です、もう分けないです。先行きも厳しいX
東京競馬       286            287         231              246              これもさっぱり、すいません。先行き不透明xX
ノーリツ         1882          1905       1693            1809              2月1日に戻ったがよくてトントンX

 1
月第1週(1~9日)
        翌日寄付き  高値   安値   昨日大引    判定・今後
 ODK     395             400         312             326               しつこく追いすぎました。X
アドウエイズ 先月取り上げ済
静岡ガス        771             809         685             770               先に1割下落でアウトx
わらべや     2220           2558       2162           2446               やっと初日〇

12月 5勝6敗 
 1月 1勝2敗   トータル 6勝8敗

最悪の結果でした。しかし相場が悪くても極力銘柄は出していきます。時流に乗った銘柄ばかり取り上げたほうが確立は高くなるでしょうが、やけども大きくなります。日中PCにかじりつける方以外は難しいので、あえて避けています。
捲土重来、今後のリカバリーにご期待ください。

 

日経平均とVI,HVは反対の動きをします。普段はHVを利用しますが、短期予想ではVIのほうが有効な場合もあり今回取り上げます。

予想1
単純に日経平均とVIを重ねました。

予想2

VIを上下反転させると見事に一致した動きになりました。 さらに

予想3

このブログは読者も少ないので載せますが、①と②を足して加工すると③になります。これで日経平均の変化日は誤差3日以内で予想できます。ただし、変化日が買いなのか売りなのかはわかりません。一般的には安値で迎えれば買い、高値だと売りですがたまにトレンドが加速する場合もあります。

   銘柄

ホンダ7267  悪材料出た割には後場堅調でした。中長期で戻り期待。



 

今後の短期予想は姉妹サイトStock Train ご覧下さい。 今日は趣向を変えて個人の不動産投資を取り上げます。

地方物件 土地と建物で竣工に10億円投資。RC構造5階建てマンション50室 と仮定

・毎年固定資産税150万円
・10~15年後 大規模修繕で最低1000万円
・25年後 外壁の修繕、コンクリのクラック修繕などで1000万

つまり25年保有で支払いは固定資産税3750万円、修繕費2000万円。これに管理費がかかります。修繕費は実際にはこの倍になる可能性もあります。
何だかんだで25年間で維持費に1億かかります。
1室の家賃を5万円とすると、年間年間250万円。固定資産税払うと100万円しか残りません。そこから修繕費を支払うと赤字です。

先祖代々の土地に建てたとしましょう。建築費を7億円とします。RC構造はおおよそ25年で物件の価値はゼロです。評価は土地のみになります。しかし25年前と今では評価額が全然違います。

3億の価値があった土地も1億以下でしょう。しかし建築費7億円が借入れですと支払い総額は倍になっているでしょう。

人口減で空き部屋が発生します。数年後には返済できなくなります。銀行は個人には債務免除しません。支払い期間を延期して利息分だけでも払うようにします。銀行は個人の投資には親族の連帯保証を取ります。ここが大問題です。親族は創造放棄できますが、連帯保証は残ります。売却しようとすると解体費用5千万が必要となり、土地1億ー5千万でわずか5千万しか残りません。

こうして代々と借金を払わされるのは日本だけのシステムです。

つまり、人口が減少、少子高齢化での不動産投資はよほどの一等地以外採算に合わないということです。あるいは物件を担保に次の物件、また次の物件と常にキャッシュフローを潤沢にしておくかです。 
しかしインフレ、人口増加に転じたときは株式より不動産のほうが有利なのは間違いないと思います。

  銘柄

サイバーエージェント(4751)、ブロンコビリー(3091) どちらの非常に高い位置ですのでL厳守になりますが、注目します 

日系平均変化日予定
比較的小さな変化日は今日でしたが、で9~10日間調整すれば再度上昇を示唆。逆だと売り 。
大きな変化日は721日後になります。 

NYダウ
小さな変化日、大きな変化日ともに8日後になります。2月11日前後の予定です。

日系平均はNYの影響を受けるでしょう、また日銀のマイナス金利に敬意を表して目先は比較的強い。しかし11日頃から再び調整入りの可能性が高いと予想します。しかし日経平均の上値はあと僅かでしょう。

一目
当社独自のトレンドラインですが、18000円前後が戻り目途と考えます。残り8日間で300円上昇するのか。誤差で500円ということもあるでしょう。 

ところで、米30年国債と10年国債の利回り差が0.815%に拡大しています。拡大中はモメンタム系銘柄が強い傾向にあります。バイオ株が賑わっているのはそのためです。また拡大中はモメンタム系ほどではないにせよ、ダウないしは日経平均も崩れることは少ないと思います。しかし利回り差縮小しはじめたときは小型株中心に撤退と考えます。

    銘柄

サンワカンパニー3187  建築資材のモノタロー版。マイナス金利で新築、増改築が期待できます。





 

↑このページのトップヘ