STOCK TAXI

株式投資日記 Kave Love   ツイッター https://twitter.com/kabulove2

2016年06月

今日で4連騰。底は読めてもリバウンドがいつまで続くのか。ここからが難しいところです。

 2016-06-30 (8)
上はドル換算日経平均日足です。理由はどうであれ年初来高値近辺で再び急落しています。日経平均が諸外国に比べて下げ過ぎというのは日本人の考えであって主要プレーヤーである外人からみれば決してそうではないということです。今日の戻りでBOX相場の中間点。

しかし当社は予想変更なし。超目先(明日、明後日まで)は下落、そして上昇。しかし短命で終了。と予想します。その後の調整がどの程度かは全く分かりません。 明日は日銀短観、そして10日は選挙です。ここまで持ちこたえるかもしれませんが、選挙まで堅調だとその後は厳しいでしょう。 英離脱問題は24日が大震災とすれば余震があると思います。それが選挙直後になるかも。


      銘柄

明日高ければ

日経ベア(1571) 買い

 

相場予想に変更はありませんがNYダウは7月14日前後まで戻り歩調と予想します。そして再度売りです。問題は日経平均です。明日で戻り一旦終了の可能性がでてきました。しかし戻り加速の可能性もあり判断が難しいです、日経平均は最短で7月8日前後が戻り終了が妥当かと思います。ただ明日で一旦終了で超目先下振れがあるかもということです。

 野村、メガバンクなど金融株の多くは上昇したものの陰線でした。もし陽線だったなら‘捨て子線’で買い転換でした。しかし輸出株のいくつかはそれに近い形ですので下値不安はすくなくなったと考えます。

 予想1
ダウ変化日予想は今回もほぼ正確でした。 現在、複数の指標を合成した新指標を開発中です。完成すればさらに精度は上がりますので、しばらくお待ちください。

   銘柄

アルデプロ8925 

もう一つのブログと内容が被る場合が多いため、このブログは今週で終了する予定です。しかし新たにこれまでとは違うアプローチによる実験的な意味合いのブログで再出発する予定です。

2月12日暴落時と先週で下値はほぼ同じでしたが、追証内容、富裕層の行動に大きな違いがありました。

追証件数 先週は2月暴落時の半分以下
富裕層  2月12日に証券会社への入金が急増。今回はメガバンク、野村など大型株下落で動けない
追証時の投資家の行動 2月はLCが続出。今回入金が約半数。

以上から目先のリバウンドはあるでしょうが、短命でまた売りになると予想します。


  銘柄

リタリコ6187 

先週のブログをご覧ください。

6月20日 日経平均は砂上の楼閣
6月22日 調整に向かう
6月23日 明日高ければ戻り終了(24日は前場途中までプラスでした) 

パーフェクトだと思います。そして明日以降どうなるかについては今晩のNYをみて明日述べたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2ヶ月前に取り上げた銘柄のその後。 
基準は以下のとおりです。 当社では上がった銘柄だけ誇示することはしません。

・翌日寄り値から1割下落時点で負け、その後の上昇はカウントされない
・上昇率が1割以下は負けだが、1週間以内の場合は1割以下でも勝ち
・同銘柄を連続して取り上げた場合は初回のみ有効
・割り切り仕手株、銘柄のみは判定から除外
現実の売買で勝てるかどうかを基準とします

4月3週(4月18~4月23日) 
      翌日寄付   高値   安値  昨日終値   結  果 
 シグマクシス           548                690            455            473         直後LG危機も乗り切る〇
ソフトバンク           6018              6443           5450         5505        値幅は小さいが3度利食いチャンスあり〇
インフォテリア          1329             1336              641           688        いいところなし、大失敗X
サイバネット            805               952              604           639         短期上昇も直後LC基準下回るX
SPダイニング       1562              1595           1305          1340       散々な結果ですX

2勝3敗で散々でした。3敗のうち2敗は内容も悪く申し訳ないです。直後日経平均急落もありましたが、ないときには銘柄を上げない勇気も必要と反省しています。



 

↑このページのトップヘ