STOCK TAXI

株式投資日記 Kabu Love   

2016年08月

毎度のNY方向予想ですが、明日書くことがなくなるので今日は簡易版です。

 ダウ予想
分かりづらいので赤のチャートの上下幅を変更して最近のダウに合わせます。

 ダウ予想2
ダウ方向予想の上下幅を縮めただけです。 今日も下落するかもしれませんが、とりあえずは買いかと思います。しかし上昇期間は短いと予想します。戻りがいつまでなのかは明日かあさって再度検証します。

ところで 米利上げは日本株にプラスとの意見が増えてきました。後解釈でしょうが、確かにダウは上昇しています。景気がいいから利上げするのですから企業業績も良くなるから当然かもしれません。逆に利下げが続くときは景気後退ですから株価は下がります。
そして利上げはバイオなど業績、売上高が伴わない材料だけのモメンタム系銘柄を淘汰すると思います。すでに春から淘汰されてきていますが、過去4年間で押し目だと考える投資家が多いです。しかしこの考えが間違いだったのはITバブル崩壊後をみれば分かります。日経平均は上がってもモメンタム系は上がらない。そんあ時代に入っています。

   銘柄

中央ビルト1971  引き続き注目します

デュアル3469  下げ止まってきました、リバウンド狙い

ストックトレインHP http://basellletter.sakura.ne.jp/

ストックスタジアムHP http://stockstadium.blog.jp/

 

まずはドル円から

 2016-08-30 (7)
時系列カギ足・パラボリックです。 これを見る限り円安トレンドに入っていると思います。 また一目均衡表では昨日が雲のネジレ。しかしネジレから2,3日してから動き始めることが多いです。一目でも売りだと考えます。
そして米は9月リげの可能性も出てきました。 米国は資金流入でNY高、東京は円安・NY高で上昇かもしれません。

 FullSizeRender 2

上は週刊ダイヤモンドよりコピーした1989年と2016年の世界の時価総額ランキングです。今では想像もでいないほど日本企業の時価総額は大きかったのです。 単に国力が落ちただけですが、その要因の一つはバブル退治が半端なかったのだと思います。バブル崩壊後も不動産は助けても株は助けない風潮でした。日本に土地神話がある限り株式市場は二番手にしかみてくれないでしょう。 しかし株式市場を最重要視する政権が安倍政権だと思います。

    銘柄

中央ビルト1971 

8月23日ブログにて

 
2016-08-23 (2)
いつ再利上げしてもおかしくないと思います。
あえて予想すると、、目先円安・株高と思います。木か金買いになるとみています。

市場のプロ達は米雇用統計といいます。しかし何度もいいますが、重要なのは雇用統計直後の月曜発表されるLMCI(労働市場情報指数)です。この動きを長期でみていればある程度の利上げ・利下げ時期は予想できるかと思います。

日経平均は明日も大幅高すれば強気一色になるかもしれません。 米利上げ=円安=日本株高 となるのでしょうが、過去米利上げ=円安 とはならなかったときもあります。

米は9,10,11月の株価が特に重要になります。 大統領選直前3か月間の株価が影響します。今トランプが劣勢なのは株価が堅調という面が大きいと思います。もし今後崩れたらヒラリー支持率は低下するでしょう。そうなれば日本株にもマイナスです。

  銘柄

 デュアル3469  内心今日から反発とみていましたが最安値。しかし誤差の範囲。リバウンド期待圏突入。

大同特殊製鋼5471  ホンダの新型ハイブリッド「フリード」に搭載する駆動用モーターはレアアースを一切含んでない新型磁石。重希土類は磁力と耐熱性を高めるために不可欠な添加剤とされていたため、その革新性に研究者の間で驚きが広がった。ネオジム磁石を日立金属、信越化学、TDKの3強が納めていたが、ホンダが選んだのは大同特殊製鋼香会社のダイドー電子だった。7月の発表以来、ダイドー電子には20社ほどの自動車メーカーから問い合わせが相次いでいる。高水準のエコカー販売が見込める米市場をにらみ、3年後を目途に100億円を投じて米国で新工場を建設することも決めた。

2016-08-06


NYダウは今週から上昇に転じると予想しますが、当社特製予想グラフです。

 予想2
1,2日の遅れはお許し下さい。

今週のヴェリタスに興味深い記事がありましたのでご紹介します。

「 
米国株が高値を更新する原動力の1つは、マイナス金利に陥った日欧などの機関投資家だ。2016年1月~6月に米国株を最も買った海外投資家は、スイス国立銀行だった。」

という内容です。

 FullSizeRender
(ヴェリタスより)

中央銀行が米国株を支えていたとは驚きですが、日本も日銀、GPIFが支えているのですから同じようなことかもしれません。

   銘柄

日経、NYダウブル型ETF 買い

デュアル(3469) リバウンド狙い

 
2016-08-06

まず閑散相場の原因であるジャクソン・ホールは泰山鼓動して鼠一匹のような気がします。第一、イエレン議長は同シンポジウムを学術的な場にしたい意向で、短期的な金融政策ではなく長期的な観点から論じるのではいでしょうか。 そして来週からは 「雇用統計をみて」 とお決まりの解説でしょう。

 先日、IPO即急落銘柄が狙いと述べました。上場即下落し続けた銘柄の底は15日後、17日後、21日後、25日後と20日前後でばらつきがあります。しかしそれでも25日目に買えば値幅はともかく99%利食えているはずです。多くは値幅も取れます。
不人気IPO銘柄を20~25日までじっくり観察して買えば非常に手堅い投資になります。 

また来週金曜は米雇用統計です。そこでいい数字が出れば9月FOMCは無理としても利上げは確実ではないでしょうか。 大方は円高予想が多いのですが、当社は円高はとりあえず終了とみます。


   銘柄

インフォマート(2492) 注目します

日経ブル型ETF 買い 

↑このページのトップヘ