STOCK TAXI

株式投資日記 Kabu Love   

2016年08月

市場の噂

・エクストリーム(6033) 場中にツイッターでつぶやいてますが、 反応なしでした。しかし明日から再度注目のようです。

・日水(1332) 今日で増資による希薄化まで下落。長期で買いとみています。

・ オプト(2389) 押し目ありそう。時間かかりそうですが某業界紙幹部イチオシ。余り当たってませんと断っておきます。

・ ロゼッタ(6182) 東京五輪までに語学需要拡大。

・その他、アパート関連、マンション関連は戻り空売り

・相場は弱気予想が多いですが、多分上がるとみています。

・ジャクソン・ホールが影響を及ぼすことは殆んどありません。市場関係者の都市伝説です。よって終わっても換算が続くかもしれません。

・IPO銘柄、25日の法則  IPOは上場後急落銘柄を狙いましょう。その場合上場25日目が買いになります。 最近のIPO銘柄検証してみてください。

2016-08-06
 

2016-08-23 (2)
FREDはフェデラル・リザーブド・エコノミック・データの略です。見慣れない指標だと思いますが、リーマンショックまでは赤のラインに達するとまずFOMCは利上げを決定していました。 しかしリーマンショック後は赤のラインに回復しても利上げを見送り続けてきました。7月再びプラスに転じたばかりです。 これだけみれば利上げは難しそうですが、プラスが長く続くと利上げに踏み切っています。一瞬マイナスもプラス期間が長いと利上げの可能性は高くなっています。2009年7月からプラス基調です。 いつ再利上げしてもおかしくないと思います。

しかし過去米利上げが円安になってはいません。しかし利下げは円高になっています。ここが難しいところです。

それでもあえて予想すると、、目先円安・株高と思います。木か金買いになるとみています。

   銘柄

ブル型ETF 明日やすければ第一弾買い

VEGA(3542)  25日19時よりSBI証券HPにて個人投資家向け会社説明会。期待しています。
http://www.vega-c.com/co_info/2291/

 2016-08-06

月曜に台風ときたため情報不足です。すいません。今日は簡単になります。

 日経平均変化日予想

8月23日 小
8月25日 小
8月29日 小
9月06日 大
9月09日 大  その日が買いなのか売りなのかは過去の日経平均トレンド予想と見比べて下さい。

 2016-08-22 (1)
上は一目均衡表ですが、雲を上回った、あるいは下回った日から26日間を色付けしています。直近の2回は1日ズレていますが、26日後(前後1日含む)が売りまたは買いになっています。 26は基本数値の一つでもあります。 そして次は今週木曜または金曜日が26日目です。 7月19日が一部雲にかかっているため‘または’としました。

   銘柄

NSW9739

物語コーポ3097 立花推奨時から300円下落。週足でW底となるか底割れかの瀬戸際。W底にかけてリバウンド狙い。ただし4160円下回ればLC。

2016-08-06

政府は空き家対策として40歳未満の中古住宅購入時に次第50万円のリフォーム費用を補助するとでています。 日本の住宅市場に占める中古の割合は15%程度で欧米の7~9割に比べ極端に低い。 これは木造建築だと20年で評価ゼロになるからです。国土交通省はこれを見直す検討に入っていますが、見直された場合は新築物件にしわ寄せがきて販売不振になる可能性もあります。

政府や国土交通省の政策は長い目でみれば正しい政策です。しかし短いスパンで考えると一時的に新築市場が縮小するため危ない政策になります。

デベロッパー、マンション建設は売り。不動産流通、リフォーム関連は買い。 リフォーム優先順位は1キッチン、トイレ、風呂といった水回り 2カーペット、畳 3壁紙 になります。  

長期でみれば仲介大手のピタットハウスを運営しているスターツ(8850)、 水回りではTOTO、LIXILがメインですが規模が大きいため反応は鈍いでしょう。サンゲツ(8130)、やっくんのCMでおなじみアドヴァン(7463)、インテリックス(8940)など


2016-08-06
 

マザーズはじめ小型株の下げがきついですが、追証件数は予想外に少ないです。今日は平均すると昨日の倍ですが、パニックには程遠く、通常の3倍程度とったところのようです。

追証件数が少ない理由は 1、建玉残高が少ない 2、株に関心がなくなってきている 3、現物の評価損拡大で興味が薄れている といったところです。

そして重要な現象が起こっています。いちよし、立花、岩井コスモといった中小型株に強い証券会社のレポートがほとんど反応しなくなってきています。 これは相場の大きな流れが変わっている時によくあることです。アベノミクス以降続いた小型材料株相場が終わった可能性があります。テンバーガー狙いがハンバーガー、5分の1バーガーになるかもしれません。

変革期には成功体験が染みついた投資家がよく失敗します。そして新たな投資家が勝ち組として現れます。


   銘柄

目先はベア型ETF

 
2016-08-06

↑このページのトップヘ