STOCK TAXI

株式投資日記 Kave Love   ツイッター https://twitter.com/kabulove2

2016年09月

IPO銘柄について以前25日ルールを紹介しました。今日は初値ルールです。

 IPO2
IPO1

最近上場した銘柄の一部です。初値で線を引いています。期間はバラバラですが、上の6銘柄すべて初値までは戻しています。しかし初値まで戻ったところが売りになっています。
全ての銘柄が当てはまるわけではありません。しかし多くの銘柄がこの動きになっています。IPO即大幅安、しかし時間をおいて初値までは戻す。
つまり、IPOから即大幅安した銘柄が底値でうろうろしているところを買えば初値までは戻す可能性が高いということです。

   銘柄

アバールデータ6918

日銀は10年国債利回りをゼロに誘導することになったのですが、マイナスだと国債買い入れ見送りということです。国債がなくなるとあとは財務省管轄の外債買いしかないかもしれません。しかし国債買い入れしないとマネタリーベースは増えないため、大型株にはマイナスかもしれません。

 2016-09-28 (2)
赤のラインが金利ゼロです。ラインより上はマイナスのため日銀の国債買い入れは見送りということです。日銀会合後もマイナスです。長期金利を操作するのは非常に困難です。このままマイナスが続くとテーパリングと騒がれるでしょう。

 日経
次に日経VIの位置にご注意下さい。 日経VI上昇=日経平均下落 です

 日経2
VIを上限反転させるとこうなります。 この点でも注意が必要です。 30日前後売りと予想しましたが、2日間違えたかもしれません。しかしNYは30日がポイントになるでしょうから、今は買いはデイ以外無理することはないと思います。


   銘柄

オークファン3674

ゴルフダイジェスト3319 

まずは毎度のNYダウ方向予想です。

 NY
いつもより短期間にしました。さらに8月末以降を拡大します。

 NY拡大
目先は強気でいいでしょう。しかし30日には安全のため撤退かと思います。

なお日経平均は毎年9月末~10月前半は買い場になっています・。逆に言えば安くなっているということです。底は2015年9月29日、2014年10月17日、2013年10月8日、2015年10月15日 でした。とりあえずは週末までに次の買いチャンスに備えて用意しておくべきかと思います。

   銘柄

レオン自動機6272 

FullSizeRender
 

月曜日はデータ不足のため雑談になりますが、今日は日本国債先物とダウの相関関係をみてみます。

 ダウ
国債先物急落時(利回り上昇)とその日からNYカレンダーで30日目を赤線で結びました。1日のズレはありますが、ほぼほぼ正確にダウの高安あるいは動き出す起点と一致しています。何故かは分かりません。偶然の一致がたまたま続いていたのかもしれません。ただ先物は30日で計算します。
国債先物は9月21日急落に急落していますので、21日のNYで30日前後に注意かと思います。


    銘柄

東京ラジエータ7235  高い位置ですのでLC設定必須

日経ブル型ETF  ただし4日以内勝負

 

前回は日本の10年物国債と30年物国債の利回り差からマザーズが有望と述べましたが、本来は2年物と比較すべきですが、短期金利のマイナス誘導で比較が困難なため利回りのある10年と30年にしました。

今日は、利回りとマザーズをはじめとするモメンタム系の関係を取り上げます。

 2016-09-24 (4)
上は昨日より過去5年前を起点としたマザーズ指数と10年物国債利回りです。ご覧の通りで
 利回り上昇=マザーズ下落 利回り低下=マザーズ上昇 です

もっと分かり易く過去1年で見てみます。

2016-09-24 (5)
タイムラグはありますが、利回り上昇時から下落しています。今回日銀は短期金利をこれまで通りマイナスにして10年物をゼロ誘導です。横ばい維持ですが、上昇の可能性がなくなったことでマザーズにはプラスに働いたと考えます。もっとくだけていえばカネ余りがマザーズ相場をつくるのであって決して材料を評価してのものではありません。 日銀のコントロールが効かなくなって金利が上昇しはじめたら業績無視の材料株はまた暴落するはずです。ただ今はその心配はありません。

    銘柄

トランスG2342

くらコーポ2695

アジア投資8518

BEENOS3328

日本電枝11723

ストライク6196
 

↑このページのトップヘ