STOCK TAXI

株式投資日記 Kabu Love   

2017年03月

まずは日経平均と日経平均PER

 PER
先週末の日経平均EPSは1208円です。2013年6月以降、日経平均はPER16倍±2の範囲で動いています。1208円X16倍=19328円です。19000円割れは許容範囲でしょうが、下へ行き過ぎた感じがします。今週末から来週には再び19300円付近に戻ると思います。

2017-03-27 (5)

15倍±2ではないかというお叱りも受けそうですが、正確には15.5倍程度かもしれません。この場合18724円となります。いずれにせよ下値不安は少ないと思います。

  銘柄

木金曜よりダウ、日経平均ブル型ETF買い

 

・連続増配になりそうな企業
①配当性向を明示・変更した企業 ②ROEが市場平均8%に劣り、資本膨張を防ぐために増配が必要な企業 ③自己資本に対する純手元資金の比率が6割以上と高く、配当余力が高い企業。 

 FullSizeRender
上の1~3すべてに当てはまるのが高松コンストラクション(1762)

20~150銘柄の日本の連続増配銘柄を組み込む「野村日本株連続増配インデックス」は2008年末に比べ約2.8倍になった。同時期の日経平均の2.2倍を上回る。 

・21日発表した公社債投資家別売買高によると、地銀の売り越し額は8042億円で比較可能な1998年以降で最多だった。外債損失の穴埋めに日本国債や投信を売った。

・東芝(6502)
エフィッシモが8。14%保有が判明。「中長期的な株価の値上がり益や配当が見込まれ、企業価値に比べて割安と考えている」とする。時価総額9400億円に対し、メモリー事業の価値は2兆円ともされる。既存の株主にとって有利となるような事業再編の腹案があるのではないかとの見立ても。ただ東芝が30日に開く臨時株主総会で議決権を行使できるのは2月11日時点の株主。エフェッシモがこの時点で保有していたかは不明。

・ブロックチェーン
Keychainはブロックチェーンを使った株式やFX取引の記録を保存するシステムを開発。「当社の技術を使うことでデータの保存コストを10分の1程度に削減することができる」という。
デジタルガレージ(4819)はブロックチェーンを使い、「楽天ポイント」や「Tポイント」など電子ポイント同士を即時交換できるサービスを開発する。
インフォテリア(3853)はテックビューロと組み、すでにミャンマーで小口金融取引の実証実験を成功させた。ブロックチェーンを活用すれば、資金の送金に手数料がかからないため、ミャンマーなどで多い少額な資金のやり取りでのメリットが大きい。

・ブリッジウォーター レイ・ダリオ氏
経済は機械のように動く(the economy works like amachine)
ダリオ氏はこの一言を呪文のように唱えてきた。・・・・
自ら編み出した「世界のポピュリズム指数」は現在、1930年後半以来の高水準だという。伝統的な金融や財政政策よりも「大衆迎合主義が経済に与える影響が強まっている」と言及。「さらに多くのポピュリズムが権力を握ることになるのか、来年にかけてはっきりするだろう」と警戒する。

・著名投資家 デニス・ガートマン氏
21日「これからはすくなくとも5%の調整が起こる序章に過ぎない。

・みずほ証券 上野氏
17年末には100円近辺まで円高が進む可能性があるが、金余りの状態は変わっておらず、日銀が年間6兆円のETF買いを続ける限り日本株の下落余地は乏しい。

・野村證券 池田為替アナリスト
FRBの利上げ回数次第では1ドル125円近辺まで下落する可能性がある。一時的に円高に振れても、110円超えの水準は長続きしないだろう。

以下省略部分は無料メールにて 

先日の大幅安をきっかけに弱気が急増しています。今の調整が期末特有のものなのかは分かりませんが、米利上げ後の金利低下は予想外でした。再び上昇に向かわないと株式は苦戦します。長期金利予想は土日に考えます。

 2017-03-23 (6)
ジャスダック月足です。赤丸は高値での十字足ですが、最初ふたつは上ヒゲが長いトンボです。そして3月はまだ終わってませんが、現時点では下ヒゲはわずかで上ヒゲ少し。仮に下ヒゲがなくなって上ヒゲだけになった場合は‘トウバ’といって酒田五法では「天底の暗示」となります。高値で底の暗示はないでしょうから天井の可能性が高くなります。ただし酒田五法が月足で通用するかは分かりません。

 2017-03-23
フェア(悲観)&グリード(強欲)指数は32に低下しました。30を下回ればまずは打診買い(ただし米国株)と思います。20も下回れば青信号に変わったばかりで、アクセル全開スタートダッシュでしょう。しかしそういう時は日経はじめ悲観論が広がっていますが。

   銘柄

新日本電工5563

UEX9888
 

今日は今年1番の追証件数が発生したようです。3月15日が最高でしたが、それの1.3倍以上でした。15日は追証件数の3割が東芝でしたが、今日は全体ですので東芝を除くと1.8倍と急増しています。これは通常の6.6倍にあたります。

過去の追証状況から、今日の2~5倍の追証が今後発生する可能性は高くなってきました。4月から反発するかもしれませんが、まずは目先の急落に注意が必要かと思います。

   銘柄

UEX9888

DIT3916

ミライアル4238

キャリア6196    基本見送りですが 

3月15日、日本工作工業会は2月の工作機械受注確報値を報じました。前年比9%増と好調でしたが、特に中国向けは56%増。その中でも電気・精密向けは88%増と急増でした。これはファナックのロボドリル受注急増の景況といわれています。iPhone8向けなのか中国メーカー向けなのは分かりませんが、急拡大はファナック、ブラザーなどに恩恵がありますが、スマホ生産拡大を見越すと電子部品メーカーにもいずれ恩恵が及ぶかもしれません。

外国人投資家は10年連続4月買い越しています。また企業の自社株買いは4~5月に集中します。今月は本決算直前ということで売りに押されていますが、4月2週以降は需給が好転すると思います。今はマザーズ、JQなどの小型株全盛です。しかし今月末~来月初旬にかけては大型株も検討すべきと思います。しかし大型株買う前提は米国債利回りが上昇することです。順調に上昇すれば小型株から大型株へシフトとなるでしょう。

    銘柄

モリタ6455 中長期

 

↑このページのトップヘ