STOCK TAXI

株式投資日記 Kave Love   ツイッター https://twitter.com/kabulove2

2017年04月

大手ゼネコンは過去最高益予想です。しかし株価は揉み合いが続いています。 理由は売上高にあると思います。これは人手不足によるものです。人手が足りないためこれ以上受注できない。したがってどこも売上高は伸び悩んでいます。しかし好採算案件優先で受注を絞るため利益率は上昇します。
ですが、株式市場は売上高も見ますので、これが株価が延びない要因のようです。今後の決算発表予定は清水建設5月11日、鹿島5月12日などです。
当社は決算発表後が売りになるとみています。売上が伸びない以上、オリンピック特需が終われば利益率の急低下が予想されます。特需は1年前には終わるでしょう。つまり高収益もあと2年です。その後は利益より受注優先になると思います。

日経平均は本日、比較的大き目な変化日でした。買いなのか売りなのかはまだ分かりませんが、目先調整としても小幅かせいぜい10日以内でしょう。


        銘柄

アドベンチャー6030

大都魚類8044

GFA8783

昨日、S&P500VIX指数は10.76%に低下しました。低下余地は1%弱かと予想します。


2017-04-26
過去1年間では最低値です。今後上昇に転じた場合にはダウは下落する可能性が高いです。同様に日経VIも急低下しています。 ボラティリティの急低下は恐らくショート筋が先物・OPを損失覚悟で一斉に買い戻したからだと思います。したがって今後の低下期待は少ないと考えます。

     銘柄

日経インバ1571 ただし打診買い程度。 
続きを読む

世界を代表する企業が過去最高値を更新しています。マイクロソフト、マクドナルド、サムスン、ルイ・ヴィトンなど。特にサムスンは北朝鮮問題に副会長の逮捕をはねのけてです。日本市場だけが‘地政学リスク’というのは疑問です。また日本を代表する企業の株価が冴えない。そして投資家の関心はIPOや時価総額の小さい小型株ばかり。

ところで、ルイ・ヴィトンは連日の史上最高値更新中です。昨日、今日も大幅高しています。恐らく市場はマクロン大統領関連とみているのかもしれません。マクロン候補は元ロスチャイルドの銀行家。ヴィトンはデ・ビアスを買収したことでロスチャイルド側になったと考えると、マクロン関連銘柄といえます。
一方、ロックフェラー系の代表銘柄であるエクソンモービル株は低迷。2大ユダヤ財閥の動向で世界の株価へも影響しそうですが、難しくて分からないのが本音ですが。

さて、NYは今日も上昇すると26日は下落、しかしほんの数日調整後は再び上昇かと思います。日経平均変化日は27日、5月1日、5月11日頃と予想します。その時が買いなのか売りなのかはまた後日。

     銘柄

進和7607

丹青社9743


日経VIが低下してきました。

2017-04-24 (2)
上は日経VIですが基本は VI上昇=日経平均下落 VI低下=日経平均上昇 です。


日経
このように相関関係は高いです。ここまでは別に何の参考にもなりません。


日経2
VIの天底と日経平均を見比べて下さい。日経平均の変化日とほぼ一致します。しかしそこが買いなのか売りなのかはわかりません。近々また変化日がやってきます。一般的に高値で変化日を迎えると売り、安値で迎えると買い、ですが、横ばいで迎えた場合は不明です。
今日はネタ不足のためヨタ話でご勘弁下さい。

    銘柄

キーウェア3799  何度か取り上げていますが、この2日間急落。明日も大幅安なら打診買い。

・富国生命渡部氏「1ドル=105円台まで来たら円売り・ドル買いのチャンス」、「米経済は底堅い。中期の円安シナリオも変わらない」
・ソニー(6758)21日の取引終了後、17年3月期の大幅な上方修正を発表。ADRが3%近く上昇。日経平均は業績が好転したソニーをきっかけに再び上昇基調に転じる可能性がある。 
・岡三証券阿部氏「米長期金利は年末までに2.5%程度に上昇し、円相場は対ドルで115円程度に下落する」
・アセットマネジメントOne柏原氏「6月頃から株価は好調な業績を織り込み始め、年末には2万1千円まで上昇するだろう」
・イアン・ブレマー氏、米国のシリア攻撃について「背景にあるのはロシア問題だ。3年前、オバマ大統領は化学兵器を使ったシリアへの攻撃を検討し、結局は攻撃しなかった。プーチン大統領が化学兵器をすべて破棄させると約束して米国と合意したからだ。今回の使用で合意が適切に実行されていないことがわかった」、「世界情勢の不安定化につけ込もうとするロシアと違い、中国は世界の安定を望んでいる」
・ヤマトHD(9064)未払い残業代240億円は一時駅な費用に終わるのではなく、過半はしばらくコストとしてのしかかる。しかし値上げのインパクトは大きい。年間19億個の宅配便を扱う。1個10円値上げするだけでも190億円の増益効果。市場では平均で数十円の値上げを予想する。同社は国内の個人向け宅配の5割弱のシェアで圧倒的だ。
・クラリオン(6796)日立オートモティブシステムズと開発した自動車駐車システム。車外で手元でスマホのアプリの「Parking」ボタンを押すと、車が自動で動いて駐車する。車外から遠隔操作で駐車するシステムはBMW7シリーズやテスラのモデルSが採用している。車載カメラがけん引し、18.3月期にも連結営業利益が過去最高水準になるとの声もある。
今期はドライバーが運転席に座ったままハンドルやアクセルを自動操作して駐車するシステムが、自動車メーカーに採用されることが決まった。
・地政学リスク、低金利の影響で高配当銘柄が人気。配当利回りが高い銘柄で構成する「東証配当フォーカス100指数」は同時期に1.99%上がっており、日経平均に対して底堅さが目立つ。
・ファイブスター投資顧問大木氏「今後3か月の日経平均は2万1千~2万2千円を目指す」

       続きは無料メールにて

2016-08-18 (6)続きを読む

↑このページのトップヘ