ホームページ https://www.stocktrain2.com/stock-train ツイッター  https://twitter.com/superamateur3

2018年01月

まずはソフトバンクより。

2018-01-25 (4)
赤のラインを上回っていれば上昇基調、下回れば調整となります。現在赤ラインの当落上で微妙な位置です。月足ですので、長期低迷入りか再浮上かの分岐点になってきました。

2018-01-25 (5)
日経平均は高値もみ合い中ですが、月足を見る限りではまだ上昇基調継続と思います。

2018-01-25 (6)
住友不動産が先月から買い転換しています。不動産大手はしばらく強い相場のように思います。

米国の次の危機は、つなぎ予算の期限である2月8日です。その日が近づけば再び政府機関閉鎖の懸念が強くなります。しかも、今度は3月前半とされるデッド・シーリング(連邦政府債務上限)引き上げ期限についての警戒が重なるかもしれません。今回よりリスクオフの警戒感は大きくなると思います。
また、2月9日は平昌オリンピック開幕です。角国政府首脳が手薄になっている時で売り仕掛けるにはいいタイミングのような気がします。


     銘柄

スカラ4845


水曜の夕刊フジ銘柄が当たっています。今日はマイネット(3928)です。年末にはアークンが3日連続ストプ高の離れ業を演じました。今回も期待したいところです。

富士PS(1848)は四季報には東証1部へ、とあります。時期的に発表は近いのではないかと推測します。

ミルボン(4919)大和が新規アウトパフォームに格上げで大幅高も、珍しく寄り天ではなく、その後も上昇。4330円目標なので、じっくりなら良いかと思います。

黒田精工(6626)何度か取り上げていますが、元は中長期です。

スターマイカ(3230)これも中長期、およそ3か月程度でみてます。


株式投資と関係ない趣味の話なのでプライベートとさせていただきます続きを読む

米長期金利上昇を危ぶむ声は多いですが、米10年国債利回りは2.66%に上昇してもダウは史上最高値。一部には2.6%を超えると暴落説もありました。
昨日で米2年物利回りと長期債利回りの差は安定しています。利回り差が縮小から拡大するときは株式は買い、拡大から縮小するときは売りといされています。今は安定的なので、問題ないでしょう。

FF金利は1.25%ですが、今年3回利上げしても2.00%です。それでも長期債利回り2.66%より下回っています。これが重要と考えます。FF金利が長期債利回りを上回ると株式は大幅安の可能性が非常に高くなります。したがって、長期債利回り上昇は健全な動きだと思います。懸念するほうが間違っているのではないでしょうか。

日本市場をみると、TOPIXが上昇するにはPER13倍のトヨタ、三菱UFJ,11.9倍の三井住友FG,10倍のみずほ、12.5倍のホンダなど自動車・金融セクターが225PERの15.6倍まで上昇すれば済むことです。長期的にはメガバンク、自動車、損保、生保は大幅に上昇してもおかしくないと考えます。


     銘柄

ユー・エス・エス6554 




当社独自の変化日予想も外れる度に、新たな手法を考えるため複数になってしまいました。今回は20年利用している手法です。一時外れていました。

日経予想
変化日予想チャートの動き(特に大きな動きの始まり、終わり)にご注目下さい。トレンドの大きな変化時に日経平均も買いあるいは売りになっています。現在変化日にきています。高値もみ合いが上放れるか、調整に入るかです。このチャートでは分かりません。しかし、一段高後の調整かなと思っています。


      銘柄

野村8604

かんぽ生命7181

新日本理化4406

伊豆シャボテン6819

ヤマシンフィルター6240

2018-01-22 (6)

↑このページのトップヘ