STOCK TAXI

株式投資日記 Kabu Love   

2018年03月

まずは日経平均と米10年国債利回りです。

日経
1月終り頃から連動していないように見えますが、米長期金利上昇が止まったら日経平均が下落したということです。それまでは、金利上昇=日経平均上昇 の好循環でした。金利上昇を悪材料とみなす金融の専門家多いのですが、実際には違います。

その米10年債利回りを米2年債利回りと比較します。

2018-03-29 (7)
重ねたものなので、10年債利回りは目盛りと一致していませんが、最近、2年に比べ10年債利回り低下が目立ちます。これは経済にとって良くないことです。経済が拡大するときは2年債利回りが上昇します。しかし、長短金利逆転(逆イールド)は将来の景気後退を示唆します。米金利はまだ低い水準です。緩やかに上昇が望ましいと考えます。


   銘柄

アビックス7836

ネット証券数社への聞き取り調査による推定追証件数グラフです。昨年8月1日から今日までの追証が多く発生した日と件数です。

2018-03-28 (2)
今日は日経平均大幅安も、マザーズ堅調で僅かでした。順調に発生件数は減少してきています。例年4月中旬までは要警戒ですが、個人はいつでも出動できる準備が整ったと思います。
なお、今日の下落は、ヘッジファンドをはじめとした短期売買筋によるものと推測します。国内機関投資家やバリュー投資の外人はほとんど動いていませんので、下落は短期間で終わると思います。


2018-03-28 (3)
上は裁定買い残(金額)です。過去1年間で見れば、良い水準まで減少したと思います。


    銘柄

ジーニー6562

GameWith6552 明日決算発表予定。期待できそう。

今日は全面高のため追証は調査しておりませんが、昨日は新興市場が軟調だったためそこそこ発生していました。

2018-03-27 (2)
上は昨年9月5~昨日までの主な追証発生日の件数グラフです。2月6日急増後の打ち返しが3月5日、23日と発生。この2巻合計で2月6日の件数とほぼ同じ。これでほぼ信用は整理完了。そして昨日、そこそこの件数発生しました。最後の発生と思います。
今後は、個人の信用口座悪化による売りは急減し、リハビリを経て買い出動に向かうと予想します。


    銘柄

メディシノバ4875


長期金利と株式の関係は何度か取り上げてきましたので、今日はダウと米2年国債の関係を取り上げます。

2年
ご覧の通りでほぼ同じ動きをしていますが、ダウ下落中も、2年物利回りは上昇しています。次に10年物利回りです。

2018-03-26 (7)
米10年国債利回りは2月中忍から横這いないしは低下気味です。

10年債利回り横這いで2年債上昇ということは、両者の利回り差が縮小することになります。経済と株式市場が好調な時は、緩やかに拡大するものです。仮に長短金利が逆転した場合は株式市場にとっては売りと思います。
市場関係者は米金利上昇を懸念する方もいらっしゃいますが、長期金利が緩やかに上昇しないと株式にはマイナスです。
今後の展開を予想する上でも、2年、10年債利回りは重要です。


     銘柄

インスペック6656

SP500,米10年債利回り、ドル円の動きについて

SP
米10年債利回りとドル円は少し右へずらしています。ずらすことでSP500と米110年債利回りチャートはほぼ一致します。 SP500上昇=米金利上昇 の動きです。

次にドル円チャートを上下反転させます。

SP2
昨年10月中頃までは3つの指標が同じ動きでした。しかしその後はドル円が連動しなくなっていましたが、再び連動性が復活してきました。つまり、米国株が下がれば円高になるという単純な動きです。

米国株安→米金利低下ないしは横這い→円高 の動きです。2月からの動きはトランプ大統領の発言次第になってきており、チャート分析は無意味かもしれません。
しかし、日本市場は空前の空売りとなっています。個人は大敗の様相。今年になって大きく買い越した個人は先週から売り越しに転じてきました。個人の売りが本格化すれば、外人は買い越しに転じる可能性が高いと思います。

↑このページのトップヘ