STOCK TAXI

株式投資日記 Kabu Love   

2018年05月

昨日のブログにてNYはリバウンドが期待できそうと述べました。そしてお幅リバウンドしましたが、ここまではどなたでも読めたかと思います。今日からが予想の難易度が高くなります。
ダウ
上は当社独自のものですが、また調整の可能性があります。しかし6営業日後前後が再度買いになると予想します。なお長期的にはダウは夏頃に2009年からの上昇波動が終わるとみています。


    銘柄

日本ライフライン7575 先日開催された会社説明会が好評だったようです。

沢藤電機6901 荒っぽい動きになってきましたが注目します。


スキュー指数、VIX急騰を懸念する解説が多いのですが、必ずしもそうではなく、買いチャンスになる時もあります。今日はスキュー(ブラックスワン)指数を取り上げます。

2018-05-30 (8)
スキューが高い時売りの場合が多いですが、そうではなく買いになっている時もあります。スキュー指数を修正すればよく分かるのですが、それは明日以降。

2018-05-30 (9)
一目均衡表の基準線と転換線のクロスポイントから17日目に変化する傾向にあります。昨日が17日目でした。急落後ですので、リバウンドが期待できそうなのですが。


   銘柄

アイル3854

ダイヤモンドクロスサイト https://www.stocktrain2.com/

まずはVIX指数です。
2018-05-29 (1)
かなり低下しており、今後上昇の可能性もあります。次にWTIと重ねます。
WTI
VIXを上下反転させてWTIと重ねました。ほぼ一致した動きになります。つまり、VIXが低下すると7WTIは上昇、VIXが上昇するとWTI下落の関係です。またSP500とVIXの関係もWTIとほぼ同じです。VIXの動きは株式、原油に多大な影響を与えているともいえます。

ネット証券数社にヒアリングしたところ、今日の追証件数は3月16日以来の多さだそうです。過去の追証推移からみると、あと1回デイリングクライマックス的な投げ売りがあるかと思います。しかし、そこが絶好の買い場になるでしょう。


     銘柄

ハブ3030 チャートは良くないので押目待ち。来月よりロシアワールドカップ開催、来年はラグビーワルドカップ。


月曜はデータ不足のため、チャートは省きます。

・外人7週連続買い越し(4月1週~5月3週)2兆4677億円も、このうちやく95%が先物の買戻しによるもので、内容には乏しい。一方個人は7週連続売り。

・米ではガソリン価格が3.5ドル/ガロンを超えると株価が調整するようです。

・首都圏マンション販売、4月は前年同月比15%減、契約率63%と低迷。2019年10月の消費税引き上げ前の駆け込み需要が今度どれだけあるか?

・日興吉野氏、8月以降は2009年以降続いた世界株式の上昇がピークアウト。

・ソルガム家宅捜査事件 RVHはIRで捜査を否定していますが、確かにRVHには入っていません。しかし、関係者、関係会社に入ったとの噂。風説の流布にんるので「噂」と強調しておきます。真相不明の詳細は入手しましたが、さすがに公表はできません。


     銘柄

アイル3854 天井圏なのでイチかバチか、または押し目待ち。

アンビション3300  好決算発表、チャートの位置はこれから。

レオン自動機6272 立花はやや強気(新規)

・カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した「万引き家族」のプロジェクトに出資し本編を制作したのがAOITYO(3975)(ヴェリタスより)

・サンキャピタル(2134)監査法人はソルガムと同じでアリア、

・米が車関税25%に上げた場合、日本メーカーは6社合計で1兆9千億円のコスト増になる。トヨタで8410億円、マツダで1450億円。部品メーカーの影響も大きい。米で生産される日本車でも構成部品の半分が日本製の車種もある、日本で生産されるトランスミッション、モーター、半導体などが安全保障上の理由で関税関税を課される可能性が高い(ヴェリタス)

・武田のシャイアー買収ではドル円を3円程度円安に動かす力がある。

・アルデプロ(8925)3,4月?にREALM INCと報酬請求で東京地裁で開廷。被告はアルデプロ。

・メルカリ 会社側の想定売り出し価格は2200~2700円。公募は追加売り出し含め2100万株。山田社長やベンチャーキャピタルなどの売り出しが2255万④800万株。想定価格以上となると時価総額は3600億円以上。国内業績は好調も海外は厳しい状況。

・ソルガム(6636)捜査の標的はI氏、O氏といわれているが、O氏までは無理だろうというのが兜町の噂。

・ソルクシーズ(4284)この銘柄がソルクシーズを指していたようです。http://www.accessjournal.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=8529

↑このページのトップヘ