2020年07月

昨日から米企業の第2四半期決算発表が本格化しました。今週は相場に影響を与えそうな企業の決算が続きます。大手銀行、ネットフリックス、ASML,TSMC,J&J,ユナイテッドヘルスなど。決算で一喜一憂の相場になるかもです。

ところで、米では失業給付の上乗せが7月31日、中小企業の給与保護プログラムへの資金提供が8月8日に期限切れとなります。数百万人の収入が激減する「所得の崖」が2週間後に迫ってきました。
月末までに民主党との合意を経て、法案を通過させる必要があるため、この2週間は協議進展が停滞すると波乱要因になりそうです。しかし、決算や所得の崖問題で波乱があったとしても、延長案は承認されるでしょうから、その時は安心感から急反発も考えられます。

2020-07-14 (10)
上はダウの一目均衡表です。転換線(太い赤)が基準線(太い青)を下から上へ抜ける直前です。抜けると「均衡表の好転」となり、買いサインになります。
基準線は26日間、転換線は9日間の(高値+安値)÷2 です。つまり将来ではなく過去の指標です。そこで、26日前、35日前(26+9)を示しました。超短期的には下落も、押目は買い。そしてリバウンドの可能性があると思います。


    銘  柄

ダブルスタンダード3925

市場のテーマは、中国、バイデンになってきました。バイデン氏は対中国報復関税はなくします。またパリ協定復帰で、環境規制強化へと動くでしょう。EVのテスラがバブルなのも中国、環境というテーマが追い風になっていると思います。

しかし、11月までにトランプ陣営も対抗策を打ち出すはずです。支持率を盛り返すには大型経済対策が効果的です。したがって、株式市場は盛り上がると思います。
2020-07-13 (3)
上は日経平均ですが、7月10日に「均衡表の好転」が起こっています。転換線(太い赤)が基準線(太い青)を下から上に抜けることで、一般的には買いサインです。

基準線は26本、転換線は9本です。足すと35本です。転換線と基準線のクロスから35日前、35日後を示しました。説明が長くなるので控えますが、目先の下落は買いかと思います。


    銘  柄

寿スピリッツ2222 GO TO関連

ワイエイシイ6298 今日のザラバに何度かツイートしましたが、中長期でみています


米国株はナスダック新高値更新、ダウも戻しているものの1カ月調整中。また上海総合は急騰。これは11月の大統領選でバイデン候補勝利を織り込み始めた動きかと思います。
民主党はIT業界の支持を受けており、金融規制に賛成。一方で共和党は金融、軍需など伝統的な産業が支持基盤です。このことがナスダックとダウの差かもしれません。
また、バイデン氏は対中国制裁関税に反対しています。

上海と不支持率
2017年以降の上海総合とトランプ不支持率です。特に新型コロナ後は連動性が高くなっています。
大統領選は4カ月後の11月なのでトランプ不支持率を11月にズラし上下反転します。

上海
上海総合は大統領選終了後に材料出尽くしで売ら得るかもしれません。

ところで、香港問題についてマスコミとは別の見方をします。民主化問題は表の理由でしょう。香港の対外資産は約1.5兆ドルと巨額で、中国の2.1兆ドルに迫る規模です。これを取り込むのが中国の狙いかと思います。米は逆に香港の対外資産を減らして、中国が手に入れる資産を少なくすることを狙っていると思います。それに加え、香港経由の対中国投資を遮断することです。民主化問題の裏で巨額資産の行方の駆け引きが起こっているとみるべきかと思います。

ところで、大和レポートによると、中国の国策である「中国製造2025」で半導体の育成を目指していますが、半導体自給率はまだ10%です。これを100%に引き上げるには膨大な半導体製造装置の調達、部品、素材が必要になります。このことも最先端半導体関連銘柄が急騰している一因ではないでしょうか?

過剰流動性相場が続く限り、グロース株有利の展開ですが、業績に比べ異常な株高の小型株が目立ちます。しかし、これは日本に限ったことではなく、世界共通のようです。米市場でも、PER200倍、300倍はザラで、電子商取引構築サービスのショッピファイはPER約2000倍。

局地的に仕手株や災害など買われますが、世界の相場のテーマは「インターネットインフラ」のようです。EC、クラウドなどさまざまですが、旧来のIT企業であるHP,IBMなどは低PERに涼んだままです。

ところで、バロンズ誌によると米株は6月26日~7月11日は大幅高する傾向があるそうです。過去11年間調べると確かにその通りです。上昇7回、横這い3回、1回は上昇後急落 大目にみれば11勝0敗、厳密にみると7勝1敗3分けです。上昇7回のほとんどは大幅高しています。
2020-07-09 (1)
今年は26が短期的には底値で7月6日まで上昇。アノマリー通りでした。あと二日ありますが、どうでしょうか。

NYダウは、超短期では今日下落で明日買い、しかし月曜か火曜再度売りでみています。


   銘  柄

HENNGE4475



日経平均の変化日予想は最長250日でしたが、瑕疵を修繕した結果約270日先までとなりました。その一部です。

日経
画面の都合上数か月先までの表示ですが、実際は270日先まで表示可能性です。上下反転します。

日経1
直近の変化日はそこそこ予想できています。
再度、変化日予想を上下反転します。

日経3
変化日が買いか売りかは分かりませ船が、ある程度予測出来ているかと思います。目先は短期調整もしばらくもみ合いかもしれません。


   銘  柄

ANAP3189  レボリューションの次との噂。

↑このページのトップヘ