2021年01月

これまでマザーズが大幅安すると追証件数が急増していました。しかし今日はそうでもありません。恐らく、これまでの上昇で評価損率がわずかだったためでしょう。そして追い込まれていた空売り勢も一服。

2021-01-28 (1)
上は昨年10月以降の主な追証発生日と推定件数です。筆者が独自にネット証券数社に聞き取り調査した数字をグラフ化したものですので推定となり、証券全社とは異なるります。

今日は増加したとはいえ、警戒ラインの半分弱です。個人投資家にはほとんど影響なかったようです。したがって買い余力はまだたっぷり残っていると思います。

日経平均先物は現在(20時15分)28000円を挟んでの動きですが、昨日のナスダックは歴史的な大商いでした。今日も出来高伴い下落すれば一旦はリバウンドあると思います。その先はまだ検討しておりません。


   銘  柄

ジェクシード3719

東京エネシス1945

米金利が上昇したといっても長期金利はわずか1.05%と歴史的低水準には変わりません。30年以上前の米国ならインフレで高金利でしょうが、今は違います。ごく簡単に図解するとこうなります。
メモ帳 P1
政府債務の拡大を民間部門が借金を減らし、貯蓄率を高め、経済が拡大することによって相殺している構図です。これは日本も同様です。国が借金増やしても、民間が貯蓄を増やし続けるため、国全体としては借金が増えず金利も上がらない。こんな感じでしょうか。

ところで、海外ではコロナワクチン接種が増えてきています。今週のバロンズによると「ワクチン接種のペースが2倍になれば、2Q中頃までにラッセル2000はさらに6~9%、S&P500は3~5%上昇する」とのこと。特に小型株指数であるラッセル2000は接種状況と連動するそうです。
今後、接種状況が急増することはあっても停滞はないと思いますので、株式にはプラスでしょう。

米国株は予想通り下落もわずか。早ければ今日、順当なら木金が再度買いになるかもしれません。


    銘  柄 

東京エネシス1945 
火力・原発のメンテ、建設工事。四季報をみると筆頭位株主東電で24.3%、2位光通信9%。他、光通信の重田康光氏1.32%。バイオマス、地熱発電なども手掛けていますが、政策による石炭離れもあり、業績は余り期待できません。しかし、今冬の電力不足による、火力発電再稼働、アジアでは石炭発電依存度が高く海外では期待できそう。2月2日決算発表予定。なお、3カ月以上の長期でみています。

マザーズ指数は昨日、高値での極線、そして今日陰線。短期的にはチャートは悪化したように見えますが、転換線、先行2を上回っており崩れたとは判断できません。

マザーズ
マザーズ指数とある指数(株関係ではありません)同じ動きの時もあれば真逆の時もあります。少し修正します。

マザーズ2
某指数を上下反転し20日間早めにしました。するとマザーズ指数のある程度(誤差1日)で変化日が予想できます。ただし、買いか売りかは分かりませんが。1月25日、ちょうど変化日でした。そして26日下落なので、目先調整と思います。しかし、調整はあと1,2日で終了かもしれません。


   銘  柄

レンゴー3941

ジェクシード3719

マルカ7594

ソフトマックス3671

日経平均の約60日先までの変化日予想ですが、正確性には欠けますと断っておきます。

日経
常に1~3日の誤差が発生していますが、ある程度は変化日を予想できています。次は今週水曜日が変化日となります。高値もみ合いのため、一段高か調整かのいずれかになると予想します。

日経2
変化日予想を上下反転しました。日経平均は11月から上昇、変化日予想は逆に動いているため、恐らく7:3の割合で短期調整かと思います。値幅は分かりません。


    銘  柄

ジェクシード3719 

マルカ7594

個人的な趣味の話題ですので非公開です続きを読む

↑このページのトップヘ