23日と27日の日経平均EPSは36円の差でした。225PERは平均15,5倍ですから

   36円×15.5=558円  つまり558円ゲタを履かせてもらったことになります。

 昨日、300円高ですので、今日260円上昇するはずでした。しかし、NY大幅安でCMEは一時300円安でした。この分に当てられたことで日経平均はほぼ変わらずとなった、というのが当社の見立てです。 恐らくこう考えているのは当社だけでしょうが。

 明日からは正常化しますので、NYにも連動すると思います。そのNYですが判断しづらい位置です。
A
単純にダウとVIXを重ねましたが、昨日のVIXは17.72%で強気にも弱気にもなれない中間点です。
B
いつも通りVIXのみ上下反転させました。NYは今、次の相場に向けて調整中かと考えます。調整期間については25日ブログの変化日をご参照下さい。
当社では日経平均がこのまますんなりと昨年来高値更新とはいかないと考えます。ただし今月から来月中旬にかけては新興市場銘柄が買いのように思います。

    気になる銘柄

鉱研工業6297 上方修正。材料も豊富。

トーエネック1946、四電工1939 電力系電気工事の出遅れ

GSIクレオス8101 底入れ完了か