昨日は石油を取り上げましたが、全面安の中、石油関連銘柄急反発となりました。 この流れが続くかは分かりません。恐らくリバウンド相場だと思います。

個人、事業法人、金融法人、外人・・・すべて売り越しかトントンです。それでも日経平均が崩れないのは信託銀行の孤軍奮闘によります。買い手が公的資金しかいないのでしょうか。
信託
上は信託銀行の売買動向です。他の投資家にバトンタッチするまでは揉み合いなのかもしれません。2月は主体別投資動向が重要になると思います。

変化日は2月6日前後、25日前後、3月5日前後で変化なし。しかし最速2月6日前後が買い場になるかもです。

     銘柄

綿半3199 チャートは悪いため突っ込み待ち。12月IPOでどん底。

鳥貴族3193 2日後、先行スパン①が上向きに転じます

日揮1963 押し目あれば買い