日本国債相場は今日で落ち着いたと思います。今後堅調に推移するでしょう。しかし日本では国債相場が人為的に歪められているため、株価との相関関係は米のように密接ではありません。それでも落ち着いたことは評価すべきで日経平均がBOX下放れリスクは少ないと考えます。
 債券先物
上は債券(国債)先物チャートです。W底つけたと思います。また水木とも先行①で踏み止まったことで、明日からは緩やかに上昇(利回り低下)に向かうと思います。 しかし長期的にはリバウンドでしょう。1月20日に大天井をつけたと判断します。 債券との兼ね合いで、今後は円安は相場には余り影響はないかもしれません。118円までは織り込み済みで、為替以外にプラスがないと株価上昇は難しいです。
VIX
また、VIX指数が三角持合になってきました。上放れるのか下放れるのか。上ならNYダウは下落、下なら上昇です。当社は明日、2月25日、3月5日頃に判明すると予想しています。

ところで、日経平均以上にマザーズ指数が低迷しています。ミクシィの影響が大きいのですが、小型株は動きが鈍くなっています。個人投資家は昨年ほど儲かってないはずです。

    見ている銘柄

アルメディオ7859 LC覚悟なら勝負かもです

日立6501 3日下落すればリバウンド狙いで買い、ただし長期ではリバウンドは売りとみています

生化学4548 ヘルニア治療薬SI-6603が早ければ今月後半に部会通過へ。