前々から申しているようにNYダウは昨日変化日となりましが、まずは104ドル安。 変化日は前後1日も含みますので23日だった可能性もあります。それだと2日下落です。 ただNY市場に過熱感はありません。

NYが再び調整しても日経平均は公的資金が後場から買い支えるためせいぜい横ばいかもしれません。最低でも統一地方選挙までは支えるはずです。長期でみると消費税10%実施までは支えるでしょう。

気がかりな点は自動車販売減速です。2月の海外生産は米港湾ストの影響で減少となっていますが、中国でも伸び悩んでいます。3,4月も見ないと判断できませんが、韓国経済でのサムスンのように日本では自動車産業が金城湯池です。注意は必要です。

さて 需給ギャップは2014年10~12月期はマイナス2.3%となり、金額にして約12兆円の需要不足となりました。改善しているものの、まだまだ巨額の需要不足です。 この点は好意的にとらえ追加の量的緩和が期待できると解釈したいです。

  銘柄

トレイダーズ8704 関係筋にどれだけの力があるのか見物です。ただし低位株相場は終わったとみていますが。

 鳥貴族3193 都心の店舗では入店待ちの列ができ、予約は受け付けないほどの盛況です。

パスコ9232 筆頭株主はセコムで69.8%保有。セコムと比べ出遅れ。またJAXAと組んで災害状況把握の衛星データを配布。ドローンは作成するベンチャーより利用するであろう同社のほうに利がある。