関連サイトにも書きましたが、日経平均の下落は明日までと予想します。今日の下げ幅が大きいため崩れたようにも見えますが、週足で転換線をキープしており基調は強いと思います。 場合によっては100円安を2日続けるのではなく一日で大きく下落したためスピード調整は今日で終わったかもしれません。

原油の上昇基調が鮮明となっています。しかし我々はWTIで61ドルが戻りのメドと考えます。もし米景気や中国経済が減速なら原油が上がる理由はありません。米でのリグ数がピーク時の半分以下になったとのことですが、要は需要が減少したため生産調整しているともいえます。

昨日、NYは横ばいなししは小幅高の可能性が高いと予想しました。2月から横ばいが続いていますが、今後は緩やかな上昇を描くと予想します。

気がかりな点はやはり米のVIX指数ですが、株式のみではなく国債市況とも密接に絡んでいるため、この件は土日に再検証いたします。

   銘柄

くろがね工作所7997 36円安も転換線タッチしての戻り。リバウンド狙い。

日東電工6988 MACD-13.89、MACDシグナル2.02と枯れたところでの好決算発表。買い。

豆蔵3756 GW明けに期待。

茶屋