長期では戻り売りですが、目先に限ればリバウンドないしは揉み合いになるかと予想します。

 305
週足ですので短期ではありませんが、2,3ヶ月といった長期でもありません。ご覧のとおりで上の棒グラフが底から上昇に転じたときが買いになっています。先週までのグラフですが今週少しでも上昇に転じれば目先堅調かもしれません。この水準からさらにグラフが低くなることは大きな出来事でもない限りないと思います。
しかし、日本が得意な電子部品はアップルショックで戻りはしれているでしょう。また原油安は内需に有利となるため輸出産業が本格的に買われる可能性は低いと思います。 リバウンドという限られた相場でまだリハビリのため小型株が有利なのでしょう。

   銘柄

J・TEC7774 

ディップ2379