浮世絵

G20,3月1日のスーパーチューズデーを前にもみ合いが続いています。そして明日から来週末にかけて変化日が続々来ます。SP500は今日、先行スパン2が平行に入ります。よく市場関係者が雲のねじれを指摘しますが、ねじれはさほど重要ではありません。3,4日遅れることがほとんどです。しかし先行スパンの変化は株価に影響するときが多いです。ナスダックも今日です。
日経平均は明日になります。マザーズは先行スパン2の小さな変化が続きましたが、一目チャートどおりの上げ下げでした。そのマザーズも明日は長めの先行スパン2の平行入りとなりますので、上放れか下落かと思います。この位置だと下落リスクのがほう高いと思います。 日経平均も上か下かの分かれ目にきていますが、為替は今日からスパン2が横ばい入り。為替は海外要因の影響が大ですが、何もないとすると円安を示唆しています。ですので日経平均は強いかもしれません。

ところで、スキュー指数が低下していますが、スキューとダウの関係は以下のとおりです。

予想1

1年間の動きですが、日数のずれがありますが、スキューが低いときは買いの場合が多いです。

    銘柄


まずはじめに、昨日取り上げたUMNファーマが急落したとこをお詫びします。

精工技研6834 薄商いですが、業績好調のようです

ブロンコビリー3091 立花証券銘柄