まずはNYダウ一目均衡表から

 ダウ
縦のラインは横ばいだった先行スパン2が変動したときです。ご覧のとおりでダウは変化しやすい傾向にあります。26日が変化した日ですが、ここからさらに上放れるのか、リバウンドが終了なのか迷うことろです。
当社は目先下へ突っ込みがあり、そこが買いになると予想します。理由はしばらく先行2は横ばい、しかし先行スパン2は目先下がるも上昇に転じます。そこが再度のリバウンドでしょうが、やはり短命かもしれません。リバウンドで先行スパン2(雲の上)を確実に上回っていてほしいものです。

また、基本数値(9,17、26,33,42,65・・・)では1月20日の最初の安値から26日目が2月26日、下落相場スタートの12月30日から42日目が3月2日。2番底の2月11日から9日目が2月25日でした。今週は分かれ目の日程が続きそうです。

    銘柄

ホソカワミクロン6277  注目します