大手ゼネコンは過去最高益予想です。しかし株価は揉み合いが続いています。 理由は売上高にあると思います。これは人手不足によるものです。人手が足りないためこれ以上受注できない。したがってどこも売上高は伸び悩んでいます。しかし好採算案件優先で受注を絞るため利益率は上昇します。
ですが、株式市場は売上高も見ますので、これが株価が延びない要因のようです。今後の決算発表予定は清水建設5月11日、鹿島5月12日などです。
当社は決算発表後が売りになるとみています。売上が伸びない以上、オリンピック特需が終われば利益率の急低下が予想されます。特需は1年前には終わるでしょう。つまり高収益もあと2年です。その後は利益より受注優先になると思います。

日経平均は本日、比較的大き目な変化日でした。買いなのか売りなのかはまだ分かりませんが、目先調整としても小幅かせいぜい10日以内でしょう。


        銘柄

アドベンチャー6030

大都魚類8044

GFA8783