GWの谷間のため個別銘柄のヨタ話中心とします。

キーウェア(3799)兜町の噂話と断っておきますが、5月12日会社説明会。筆頭位株主はNECで35%保有。NECの業績が長らく低迷しています。時価総額は富士通の半分弱。かつては理系の人気就職先NO1でした。今では見る影もありません。事業再編でキーウェアの株式を譲渡との噂も。

Wスコープ(3719)今週の日経ビジネスが特集しています。実は日経ビジネスが特集した銘柄のほとんどは上昇しています。情報はネットだけで十分という投資家が多い、だからチャンスがあります。

アセンテック(3565)クラウドの最終形態といわれる仮想デスクトップにおいて、同社が開発したシステムは大手の半額で納期も早いそうです。今後の普及が期待されます。

大都魚類(8044)直近チャートは陽線・陰線・陽線ながらも同じ長さ。意図的に株価を維持しているように思えます。

塩水港精糖(2112)5月11日決算発表予定。期待できそう。

GFA(8783)550円玉移動説が流れたら下がりました。

ウィンエスト(6721)六本木筋介入との噂で朝方買われるも、売りぶつけらた感じで下落。

ドリコム(3793)別の六本木筋とのこと。

以上、根拠なきヨタ話でした。