4月中旬までは北朝鮮が今にも日本にミサイルを発射するような風潮でした。当社は「ある事件を隠すための芝居」のようなことを述べました。日本人だけが異常に騒いでいた。太平洋戦争の教訓が生きてなかったということです。
そして今日は、GW中の海外高、円安もありますが、マクロン当選が後押ししました。しかし、ちょっと待ってください。トランプ当選直後、東京市場は急落したものの翌日から急騰しました。今回はその逆の動きです。
中長期的には上昇を予想しますが、目先は今秋木曜前後でいったん買いはストップとみています。VIXや日経VIが低下したから安心ではなく、大幅高したときこそ買いだと思います。そして注目ポイントは今秋の米長期金利動向です。2.36%まで上昇しましたが、利上げ直前の2.62%まで遠いです。利上げしていることを考慮すると中期的には2.8%が妥当と考えます。金利が上昇しないようだと、NYも目先スピード調整あるかもしれません。

    銘柄

ミマキ6638