気付いたら大幅高、20年来高値、上場来高値銘柄が続出しています。それも東証1部でです。多くの銘柄は春ごろ、大手証券、外資が推奨した銘柄で、数か月経て花咲いています。新興市場は生息吐息も主力銘柄は良い動きです。伊藤忠は昨日上場来高値です。
相場の潮の流れが変わったのかもしれません。我々はITバブル崩壊後、大型株相場に移行し、新興市場が長年低迷したのを記憶しています。

当時、大型株へ移行した投資家は巨額の利益を得ました。しかし、ITバブル崩壊、ライブドアショック後もIT小型株に執着した投資家は10分の1以下に減らしました。

今がそうなのかはまだ分かりませんが、銘柄に執着する相場は終わったかもしれません。

   銘柄

大手証券、有力外資のレーティングに素直に乗るほうが、仕手筋情報より手堅いと思います。

カカクコム2371

ワコム6727