ストリームの株価操縦で4人逮捕となりましたが、ネット上ではフェイクも溢れています。まず逮捕された松浦マサチカと大物の松浦氏とは別人で、兄弟でも何でもないです。
しかし、何故この件は4人も逮捕者が出たか。証券等監視委員会にはそこまでの能力はありません。逮捕基礎したところで裁判に持っていかれる負ける例が相次いでいます。この事件はSESCではなく、警視庁組織犯罪2課、3課の合同捜査だということです。金融当局と違い百戦錬磨です。したがって、関連銘柄を軽く考えないほうがいいでしょう。警察はもっと上まで行きたいところですが、難しいようです。取り調べはこれから本格化します。このような状況にも拘わらず関連銘柄を勧めるオフ会があったのには驚きです。

GFA(8783)、土屋HD(1840)、マーチャント(3121)、プラコー(6347)、ランドコンピュータ(3924)、DLE(3686)。最近ではジースリー(3647)、東京コスモス(6772)、ジェクシード(3719)、フリンジ(6550)、リミックス(3825)、アンジェス(4563)、DNAチップ(2397)、ウィンテスト(6721)など。中には本尊ではない銘柄、ほとんど関係ない銘柄もありますが、疑わしい銘柄は取り上げました。

なお、当社の予想は、逮捕はこれで終わりか、あと1,2人で終了と予想します。


     銘柄

THEグローバル3271  3カ月以上の長期でみています

アイフリーク3845  前回のシコリほぐしの動きがあるかも