目先に関しては今日の動きでいくつか懸念材料が出てきました。2月に調整と見ていますので、目先はスピード調整かと思います。
長期では、6月末の欧米ファンドの中間決算を前に、外人の利益確定の動き、ポートフォリオのリバランスの動きが顕在化。また8月は外人売りの特異月でもあります。そして秋には米中間選挙が控えています。このままではトランプ政権は負け、上下両院で民主党が多数派に転じる可能性が高くなっています。
以上から日経平均は夏から秋にかけて今年の天井を付けるような気がします。

ところで、日経平均は今日も窓開け上放れで高値での3空となりました。しかし、2カ月間のもみ合い後であるため、下げてもスピード調整かと思います。

  銘柄

オンコリス4588