市場関係者はPERばり解説しますが、我々は配当利回りに注目します。金利が上昇したとはいえ、ほぼゼロです。したがって、機関投資家にとっては配当利回りは重要事項だと思います。

日経
上が日経平均週足、下が日経配当利回りです。利回りが低下すると日経平均が伸び悩むことが分かります。おおよそ配当利回り1.5%で日経平均は伸び悩みます。以前は1.4%前後でした。これは、FF金利を意識していると推測します。FF金利は現在1.25%です。したがって僅かですが、配当利回りの下限は上昇すると考えます。
好決算期待で増配、あるいは自社株買いで利回りが高くなれば株価は上がるということです。これから始まる四半期決算に期待したいところです。


      銘柄

関門海3372 今日はイナゴタワーになりましたが、何故かこの銘柄はイナゴタワーが買いになっている場合が多いです。