月曜日は海外がまだのため雑談計審となります。
2018-05-14
上の日経平均月足は、米中共同宣言、日中国交回復、第1次オイルショックの時代です。米中共同宣言前から株価は大きく上昇、日中共同宣言で上昇加速。しかし、オイルショックで万事休すでした。その前には40年不況があります。昭和40年は1965年です。

この流れを今に当てはめると、民主政権時代の低迷、その後の安倍政権の株価上昇、そして北朝鮮核問題の急転直下の解決見通し。米朝が合意すれば、日本は拉致問題をまずは置いといて、改善を優先すべきでしょう。その暁には平和の配当が待っています。株価にはプラスと思います。しかし、こじれると平和の配当ではなく、平和への増資引き受けとなり、1989年のベルリンの壁崩壊後のような事態になるかもしれません。

我々は政治問題にはなるべく触れないようにしていますが、大相場になるか、バブル崩壊型になるかの重要な数か月だとがんが得ます。


     銘柄

新日本理化4406

ティアック6803