弊社では5,6月頃から新興・小型株を警告してきました。時価総額〇〇億円以下といった煽りには警戒とも述べてきました。以下、2006年以降の週足です。
2018-08-16 (7)
上は2006年以降の米10年国債利回りの週足です。2006年を境に金利は上昇しました。以上を踏まえ、ダウ、日経平均、マザーズを比較します。
チャート
ご覧の通りで、ダウ、日経平均は上昇。マザーズは長いトンネルに入ります。日経平均で特に時価総額の大きい重厚長大はもっと上昇しています。今は時価総額の順位が当時と変わりましたが、NTT、NTTドコモ、KDDI,ソフトバンクなどが強いのは当時と同じ流れだと思います。
投資で怖いのは成功体験です。


   銘柄

市進4645

MCJ9670