来年5月1日から新元号となります。ほぼ6カ月後です。平成元年は昭和天皇崩御ということもあり、当初は自粛でした。しかし、今回は違います。参考としては2000年のミレニアムブームが挙げられるでしょう。

2018-11-10 (3)
上は厚労省サイトより戦後~昨年の結婚件数などです。赤が2000年です。ミレニアム婚が一大ブームとなりました。翌年も結婚率が高かったのはミレニアム婚のために努力したものの1年遅れたということだと思います。
そして、2019年5月1日~12月31日までは新元号結婚ブーム、あるいは新元号ベビーブームが起こるかもしれません。
弊社では、結婚ブームが2年続くと仮定し、結婚式場銘柄に注目します。結婚市場予約は1年前から受付られるようですが、半年前、10カ月前が多いようです。

結婚式場銘柄として10月25日から急騰したワタベウェディング(4696)に注目します。高値ですが、筆頭株主の千趣会とワタベW創業家がMBOで揉めています。
https://www.nikkei.com/nkd/company/article/?DisplayType=1&ng=DGXMZO36931450V21C18A0LKA000&scode=4696

上場が2000年というのも奇妙な巡り合わせです。業績は低迷していますが、千趣会グループの中では優良です。2004年6月には2670円をつけています。またEPSは1052円です。MBOで揉めているならEPSの手前1000円は狙えるような気がします。


2018-11-10 (4)
上は米アップルの月足チャートです。出来高、移動平均線を削除しました。史上最高値での三羽烏。要警戒だと思います。時価総額世界最大企業の影響は巨大です。一方で、ダウ30種ではベライゾン、メルク、コカ・コーラ、マクドナルド、Uヘルスが先週過去最高値を更新しました。医薬品はネジレ国会によるものです。日本株も米株の流れに遅れて、医薬品、食品など動くかもしれません。