日経平均予想は組み合わせる指標によって強気・弱気いくらでも小細工は出来ます。今日は信用取引金額倍率で見てみます。

之繞
日経平均週足と信用金額倍率です。倍率は底値圏のため、これだけみれば買いに見えます。少し小細工します。

信用2
信用金額倍率を数か月移動しました。すると全く違った光景になります。週足なので目先を予想したものではありません。弊社は目先は弱気ではありませんが、5月終り頃は警戒かもしれません。

NT倍率
上は今日の「日本証券新聞」からですが、NT倍率の差は日銀保有割合の差ともいえます。日銀のETF買いはTOPIX重視になりましたが、225もTOPIXに含まれるため、こうなるようです。


    銘柄

パイプドHD3919

マーチャントB3121