・東海東京
対中国海外直接投資(FDI)は香港経由が6割を占めており、中国もデモ隊を強制的に排除はしないのではないか。

・バロンズ誌
世界の国債の4分の1がマイナス金利。世界全体の負債額がGDP合計の320%以上。
中国は元安を利用して、米の株式市場で売りを誘発できる。株式低迷はトランプの立場を弱めることになる。
野村ストラテジスト高田氏 今回の乱高下の一部は上昇相場に乗り遅れたヘッジファンドが6月中旬に株式に対する強気のポジションを強めたことが要因だった。7月31日のFOMC利下げ後の材料出尽くし感と8月1日のトランプよる新たな関税の発表というWパンチに見舞われた市場が下げに転じたことから、強気のポジションを痛手を負う。短期的には戻りは「ダマシ」であって、その戻りは8月下旬~9月初旬に予想されるボラティリティの第二波に備えるための絶好の売り場になる。

・弊社の見方
野村ストラテジストのボラティリティの見解はわかりました。

   銘柄

ツクルバ2978 

YEデジタル2354