ストックトレイン

・日経VIの使い方(基本編)

・2月24日 26.53% 日経平均29671.70円(A)

この相場が1年続くと日経平均は26.53%変動
1日の変動率に変換すると、年間営業日数245日。7√5=15.65

26.53÷15.65=1.695%(B)

29671.70円(A)×1.695%(B)=502.9円 翌日の上限・下限を想定
             ⇓
本日 日経平均+496.57円 高値541.58円⇒38.68円はオーバーシュート。結局、上限に近い数字で終了しました。

このように、想定上下幅を大きくオーバーシュートした場合は、買いまたは売りになります。

・VIX指数の使い方(基本編)

VIXは今後30日案のS&P500を予想したものです。

23日のVIX23.11% S&P500 3881.37ドル(A)

23.11%÷√12=6.671%(B)

3881.37(A)×6.671%=258.9⇒上限下限 翌日+44で範囲内

*7√5=15.65 √12=3.464 と覚えたほうが分かりやすいです。

なお、VI、VIXともにオプションを基に計算されます。従って、株価下落時にアウトザマネーのPUTの取引が急増するとVIX指数も大幅に上昇します。するとVIXショックで指数は大幅安します。しかし、アウトザマネーのOPは時間の経過とともに価値がなくなるため、VIXは下落に向かいます。今度はVIX低下による指数上昇となります。 
指数を崩すには先物を売るより、アウトザマネーのPUTを大量売買したほうがはるかに少額資金でできるということです。


   銘  柄

オカダアイヨン6294